諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 良いカメラマン・良くないカメラマン――バードフェスティバル諏訪1――

良いカメラマン・良くないカメラマン――バードフェスティバル諏訪1――

この講座では双眼鏡の使い方や
鳥を見分けるポイントなどを習いました。

中でもそうか!と感心したのは、
「野鳥マンション」の話。

木の下や地面にいる鳥、
低木や藪の中にいる鳥、
木の幹にいる鳥、
木の中ほどにいる鳥、
こずえにいる鳥と
野鳥は一本の木を
マンションのようにすみわけているのだそうです!

だから「どの高さにいたか」ということも、
鳥を見分けるポイントになると
いうことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■良いカメラマンと良くないカメラマン

さて、次はいよいよ
野鳥写真撮影講座の話です。

(画像処理の方法を教える宮澤富幸さん(右))

まず驚いたのが、
「逆光」で撮ると鳥が点景でも
とっても存在感があるということ。

宮澤さんの作品も、
会場に展示されていますが、
どれも鳥がドカンと真ん中にある
いわゆる「日の丸写真」ではなく、
美しい風景画のようなものばかり。

1 2 3 4 5 6 7 8

このブログのトップへ