南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > どうする!?”プラスチックごみ”  タウンミーティングを開催しました!

どうする!?”プラスチックごみ”  タウンミーティングを開催しました!

こんにちは 環境課です。
9月26日(木)、プラスチックごみをテーマにしたタウンミーティングが飯田合同庁舎で開催されました。

海洋プラスチックごみ問題が深刻な昨今。当地域がレジ袋削減に先駆的に取り組んできたことを以前紹介したことを覚えていますか?

長~い、レジ袋削減の話


そんな地域だからこそ、「プラスチックごみを減らすための、さらなるアイデアやご意見が伺えるのではないか。」と考え、タウンミーティングを開催!

普段ごみと向き合っている行政の担当者やリサイクル事業者、ボランティア、高校生など、12名の皆様がテーブルを囲み、土屋地域振興局長の進行によりスタートです。

ペットボトルなどの包装容器がとても優秀な資源になることや、この地域はきれいに洗ってリサイクルする意識が高く、高品質なリサイクル製品が生まれていることに皆びっくり!
【ナ○キやア○ィ○スは、南信州のペットボトルごみから作られた繊維を使用!!】

その一方で、ポイ捨てや不法投棄がなかなか減らず、頭を痛めていることなど、河川清掃やゴミ拾いといった日頃の活動を振り返りつつ、熱い思いを発言していただきました。

最後に土屋局長が「みなさんのいろいろな思いがかみ合ったときにプラスチックごみ問題解決に向けた取組の道筋がみえてくるのではないか。それを発信できたらすばらしいし、この地域はそれができるのではないか、と感じた。」と締めくくりました。

【多くの方が聴講されました】


【生分解性プラスチック製品体験コーナーも好評】

便利な反面、ポイ捨てすると環境を汚染するプラスチック。
必要でなければレジ袋を受け取らない、マイボトルを使ってみる、ペットボトルはきれいに洗ってリサイクル・・・身近なところから “賢く”つきあってみませんか?

このブログのトップへ