南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の観光・自然・花 > 魅力満載のローカル線!飯田線(24)訪れると願いが叶う!?「鼎駅」

魅力満載のローカル線!飯田線(24)訪れると願いが叶う!?「鼎駅」

地域政策課のHKです。

飯田線シリーズ、今回は「鼎(かなえ)駅」を紹介します!

 

kanae1

kanae2

kanaerosenzu

(鼎駅基本データ)

  • 無人駅
  • ホーム 1面1線
  • 場所 長野県飯田市鼎中平
  • 標高 450m
  • 開業 大正15年
  • 一日平均乗車人員 492人(平成23年度)

 

駅名の鼎(かなえ)とは、かつての鼎村に由来しています。

明治8年に山村、一色村、名古熊村の3村が合併して誕生しました。

鼎とは、古代中国にあった3脚の器のことで、当時の鼎小学校の初代校長が名付け親です。

その後、鼎町となりますが、昭和59年に飯田市と合併しています。

飯田線では、下山村、鼎、切石の3駅が旧鼎町です。

 

鼎駅は飯田線では大きめの駅で、駅舎があります。緑の屋根が特徴的です。

かつては駅舎の隣りに、立ち食い蕎麦屋がありましたが、現在は撤去されています。

kanae3

kanae3-2

駅舎の東側には、トイレと駐輪場があります。

1 2 3 4

このブログのトップへ