南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の食・味・お土産 > 飯田市上村下栗地区で秋そばの開花が始まりました!

飯田市上村下栗地区で秋そばの開花が始まりました!

南信州農業改良普及センターの「いっちゃん」です。

飯田市上村下栗地区では、秋そばの開花が始まりました。

 

下栗地区では、主に、信州の伝統野菜に認定された「下栗芋」が収穫された後に、そばが栽培される「二毛作(にもうさく)」が行われています。

「下栗芋」の詳しいことについては、8月3日に掲載した投稿をご覧ください。

「二毛作」とは、同じ農地で1年の間に2種類の異なる作物を栽培することで、同じ作物を年2回作る場合は二期作(にきさく)、年に1回だけ作物を作ることは一毛作(いちもうさく)や単作(たんさく)と言います。

そばは、うどんや米よりも栄養価が非常に高く、そばだけが持っている栄養分としては、ポリフェノールの一種である「ルチン」があります。毛細血管を丈夫にする働きがあるほか、血液をサラサラにして血圧を下げる効果も期待できます!!

そのほか、ビタミンB群の仲間の「コリン」は、肝臓の働きを助け、飲酒によって肝臓に脂肪がたまるのを防ぐ働きがあるため、そばを食べながら酒を飲むと身体にやさしいと言われています。

飯田市上村下栗地区のそばは9月末頃に収穫され、早ければ10月中旬頃から、同じ下栗地区にある、そば処「はんば亭」(電話0260-36-1005)などで「新そば」を食べることができます。

この季節には、そばの花を見に、秋には、新そばを食べに、ぜひ飯田市上村下栗へお越しください!!

このブログのトップへ