ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 スタッフによる顔の見えるブログ、地域の耳寄り情報を、是非お見逃しなく!(写真:信濃町野尻湖)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 スタッフによる顔の見えるブログ、地域の耳寄り情報を、是非お見逃しなく!(写真:信濃町野尻湖)

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 地域振興 > 「須坂のとのさま物語」(紙芝居)を見に行ってきました

「須坂のとのさま物語」(紙芝居)を見に行ってきました

 地域政策課のK2です。
 3月1日、須坂市立博物館で堀直虎公の紙芝居が上演され、見に行ってきました。
 堀直虎公は、第13代の須坂藩主です。藩政改革を行い、幕府の要職「若年寄兼外国惣奉行」に就任しましたが、慶応4年、江戸城中で将軍徳川慶喜に諌言、自刃し33歳でその生涯を閉じました。
 紙芝居は堀直虎公の幼少期から自刃するまでの3部作の物語で、堀直虎公のやさしい人柄や勇気ある行動、涙の自刃の場などが描かれており、上演された「すざかの昔を語る会」の皆さんの素晴らしい語り口に感動しました。
 会場には囲炉裏などの小道具もセットされ、昔語りの情緒がたっぷりでしたface01

 

 


 須坂市立博物館には堀直虎公の銅像も展示されています。また、5月6日まで、桜の細かな描写がされた「じゃく譜」(図譜)が展示されています。場所は臥竜公園の隣ですので、桜見物と併せて訪れてみてはいかがでしょう。face01

このブログのトップへ