ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

飯綱町三水の「さんちゃん」に立ち寄りました

農地整備課のKです

現地調査の途中、飯綱町のさんちゃんに立ち寄りました

さんちゃんは旧三水村の北信五岳道路沿いにある農産物直売所です。

 

三水といえば、りんごの産地として知られていますが、店頭に並んでいたのは、

とても立派なさくらんぼでした。

  

佐藤錦はスーパーでも良く見かける名前ですが、それよりも粒が大きく色も

濃くとてもおいしそうでした。

ひときわ目を引いたのが、金色のさくらんぼで月山錦という名前でした。

早速1パック買って食べてみましたが、大きさは佐藤錦より大粒で、ミズミズ

しい上に、甘味が強く、とてもおいしかったです。

◎月山錦は、一本の木からの収穫が少なくて栽培も難しいのだそうです。

 

ちょうどお昼でしたので、隣の「農家レストラン 日和(ひより)」でランチ

しました。スペシャルランチを注文しましたが、農家のおばちゃんたちが作る

料理はとてもいい味で、特にサバの味噌煮が気に入りました。

 

食べてる途中の写真ですみません

 

店がちょうど一周年ということで、テレビの取材も来てました。

カメラを向けられて大いに緊張しました

 

7月28日までは期間限定メニューもあるようです。

皆さんも、近くに行ったら立ち寄ってみてください。

このブログのトップへ