ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > ユーザーファーストで、素敵な旅行をプロデュース。「株式会社フィールドデザイン」(いいね!インタビュー⑬)

ユーザーファーストで、素敵な旅行をプロデュース。「株式会社フィールドデザイン」(いいね!インタビュー⑬)

今年も、夏休みシーズンですね。みなさんは、どこかに出かける予定がありますか?
今回インタビューに伺ったのは、観光パンフレットやWebサイトの制作を行う「株式会社フィールドデザイン」。県や市町村の観光パンフレットもたくさん作っていただいている会社です。最近では、自社で撮影した観光地の写真をフリー素材として提供するWebサイトもオープンしたとか・・・。
注目を集める会社の代表である宮下 義弘(みやした よしひろ)さんにお話を聞いてきました!


代表の宮下 義弘さん

-最初に、会社について簡単に紹介をお願いします。

はい。弊社は観光関係のWebサイトやパンフレットの制作を行っています。私と臼井 亮哉(うすい りょうや)の2名が代表取締役を務めており、私は主に経営全般や営業、臼井は制作現場の統括を担当しています。

-観光分野に特化して、制作を行う理由を教えてください。

観光は、県外の方に長野県を好きになってもらい、最終的には移住してここで暮らしてもらうきっかけになるものだと思います。そんな観光に関わる仕事がしたいと思い、この会社をつくりました。

-会社を立ち上げる前は、宮下さんはどんなお仕事をしていたのですか?

東京のWebサイト制作会社で働いていました。約10年間働く中で色々なことを学び、長野県に戻って東御市でWEBties(ウェブタイズ)という会社を立ち上げて独立しました。

-長野県に帰ってくるきっかけは、何かあったのですか?

私は元々、「独立したい」とか「社長になりたい」という思いは特にありませんでしたが、「しっかりと地元に根を張って、自分が表現したいもの・ことで、新たな価値を生み出したい」という気持ちはありました。それまでは大きな会社の中で、あらかじめ決められたものを作ることが多かったので。東京の会社で働く中で、自分の作るもののファンになってくださった方々に背中を押してもらったことも、独立するきっかけになりましたね。


約1年前に移転したというオフィス。ものすごく、おしゃれでした。

-なるほど。独立した後は、どんなお仕事をしていたのですか?

仕事内容は現在と同じWebサイトなどの制作ですが、東御市ということもあってワイン関係の案件が多かったです。そんな中で、現在一緒に仕事をさせてもらっている(株)観光販売システムズ様と出会いました。彼らは旅行商品の企画などを行っている会社なのですが、作った旅行商品をどうやって魅力的にアピールしていくかという部分に、当時課題を抱えていました。私も観光にこだわって仕事がしたいと考えていたこともあり、協力することになりました。

-そこから今日まで協力体制が続いているのですね。独立して、WEBtiesという会社を創ったということでしたが、今は社名も違うし、スタッフさんもたくさんいますよね。いつから今の形態になったのですか?

2~3年前、とある自治体から観光販売システムズ様に、大きな旅行商品を取り扱う仕事のオファーがありました。人手が足りなくて困っているから手伝ってほしいと私にも話を頂いたのですが、さすがに一人では手に負えなかったので、臼井をはじめとした知り合いのWebデザイナー達に声をかけてメンバーを集めたことがきっかけでした。後に臼井が正式なメンバーとして加入したときに、会社名もWEBtiesからフィールドデザインに変更しました。


長野市 鏡池(「フィールドデザインギャラリー」より)

1 2 3 4

このブログのトップへ