ほっと9(ナイン)ながの 長野で働くスタッフが、長野地域の9つ(ナイン)の市町村の「ホット」な魅力をご紹介!(長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、飯綱町、小川村) 私たちの日々の仕事の話、「ほっと」一息つける癒しの裏話、きっと役に立つ暮らしの豆知識、おすすめ絶品グルメ…などなど、ここでしか出会えない”ながの”のすがたをお見逃しなく!(旧「ほっとスタッフブログながの」)(写真:長野市 長野えびす講煙火大会)

ほっと9(ナイン)ながの

長野で働くスタッフが、長野地域の9つ(ナイン)の市町村の「ホット」な魅力をご紹介!(長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、飯綱町、小川村) 私たちの日々の仕事の話、「ほっと」一息つける癒しの裏話、きっと役に立つ暮らしの豆知識、おすすめ絶品グルメ…などなど、ここでしか出会えない”ながの”のすがたをお見逃しなく!(旧「ほっとスタッフブログながの」)(写真:長野市 長野えびす講煙火大会)

長野地域の花き紹介4~トルコギキョウ~

では、ここでトルコギキョウについてもう少し説明します。

トルコギキョウは、北アメリカ原産のリンドウ科の植物です。
名前の由来は、花の形がトルコ人のかぶるターバンに似ているからだとか、元々の花色である青紫色がトルコ石や地中海の海の色を連想させるからだとか、キキョウに形や色が似ているからだとか言われていますが、はっきりとはわかっていないようです。

千曲市の力石地区は、昭和25年頃に日本で初めてトルコギキョウが栽培された土地なんです。
歴史のある生産地なので、全国でも有名な育種家や生産者の方がいらっしゃって最高級のトルコギキョウを栽培しています。
当初は紫色など単色であったものが、県内の育種家により覆輪種(白地の花弁の縁に色が付くタイプ)が作出されたことにより人気が爆発し、一躍メジャー品目へと生長しました。
その後も、八重種や大輪のフリル咲き種等、流行や需要に合わせて、多彩で多様な品種が次々と生み出されています。日本での育種が盛んなので、アメリカ生まれ、日本育ちの植物と言えます。
ぶろぐDSC_0046ぶろぐDSC_0049ぶろぐDSC_0065ぶろぐDSC_0063サカタDSC03464ちくまDSC02185

花びらや茎が丈夫で長持ちするので、結婚式などのアレンジメントに人気です。
出荷の最盛期は7月から9月ですが、栽培技術を研究し花の生長を調整しながら秋の結婚式シーズンに合わせた出荷にも力を入れています

ぶろぐDSC_0053

1 2

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

長野地域振興局 総務管理課
TEL:026-234-9500
FAX:026-234-9504