信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 県産材利用 > 木材の活用/PR > 「木の日」に子どもたちが県産材に触れ合いました

「木の日」に子どもたちが県産材に触れ合いました

「木の日」を知っていますか。

漢字の「十」と「八」を組み合わせると「木」になることから、毎年10月8日を「木の日」として、1977年に日本木材青壮年団体連合会が定めました。

 

さて、2018年10月8日(月)体育の日に、MIDORI長野で「ヒノキの箸作り」が行われました。

ヒノキの香りが漂う中、子どもたちが真剣にマイ箸づくり取り組んでいました。

 

また、同じ会場で、木の実を利用したコサージュ作りも行われました。

 

信州の木、里山の恵みに触れた1日でした。


<会場全景>


<箸づくり>


<木の実のコサージュづくり>

〈本件に関するお問い合わせ先〉
長野県 林務部 県産材利用推進室
TEL:026-235-7266
FAX:026-235-7364
メール:mokuzai@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ