信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 上伊那/森林レポ > 平成25年度(第31回)上伊那郡市育樹祭を実施しました

平成25年度(第31回)上伊那郡市育樹祭を実施しました

〈上伊那の森林レポート〉

 平成25年10月16日(水)に、箕輪町中箕輪において平成25年度(第31回)上伊那郡市育樹祭を実施しました。
 地元の財産区が所有する森林で除伐(緩衝帯整備)を実施する予定でしたが、残念ながら台風26号による大雨の影響で育樹作業は中止となり、育樹会場の近くにある「箕輪町ながたドーム」で式典と森林教室を実施し、管内の林業関係者や箕輪町の関係者、一般参加者など150名ほどが参加しました。

 式典に続き、元長野県林業総合センター所長の片倉正行氏による森林教室を同会場で1時間ほど行いました。
 同町の帯無山にある推定樹齢300年余のブナ林について話がされたあと、長野県の森林の特徴や、森林の持つ色々な機能の説明がありました。特に、近年問題となっている地球温暖化や土砂災害を例に挙げ、森林は二酸化炭素を吸収して地球温暖化を防止していること、森林があることによって土砂崩れを減らし、私たちの生活を守ってくれるなど、森林が持つさまざまな機能を詳しく説明していただきました。最後に「私たちの地域を守るために、もっと森林に出かけ、森林を知り、みんなで森林を守りましょう」と呼びかけ、森林教室が終了しました。

 森林教室の後、用意されたおにぎりとトン汁を参加者全員でいただき、育樹祭は終了しました。

 森林教室を通じて、いろいろな育樹作業を行うことで森林が元気になり、森林が私たちの生活に密接に係り、恩恵を与えてくれることを理解する良い機会になりました。

上伊那地方事務所林務課からのレポートでした。

※「上伊那の森林レポート」のアーカイブは、上伊那地方事務所林務課のホームページ(URLは以下のとおり)からご覧ください。
 http://www.pref.nagano.lg.jp/kamichi/kamichi-rimmu/shokonorin/blog/h25.html

<本件に関するお問い合わせ先>
上伊那地方事務所林務課普及係
TEL:0265-76-6825
FAX:0265-76-6828
E-mail:kamichi-rimmu@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ