来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > 衝撃のデビューを飾った新進気鋭のアウトドアブランド「株式会社ゼインアーツ」(松本市)

衝撃のデビューを飾った新進気鋭のアウトドアブランド「株式会社ゼインアーツ」(松本市)

―実際に仕事場としての松本の印象はいかがですか?

松本はテストフィールドも近いし、1年やってみて、ここでやれて良かったと思う。福岡、北海道は飛行機も使えますしね。しかも観光地って良いですよね。ディーラーの方と打ち合わせするときも、相手がこちらに来てくれるんです。リクルートでも、松本だから行きたいという方が多くて、今のスタッフもそうですが、インスタで募集して県外から来てくれました。海外の方も「NAGANO」を知っているし、イメージのある街は説明がしやすいです。

ここは良い意味で、東京につながりつつ、街がコンパクト。欲しいものは手に届くし、ものが溢れすぎていない。ライフスタイルを精神的に上げる環境が整っていると思います。ただし物件数があまりなく、うち位の企業規模だと探すのが難しいんですよね。倉庫と事務所が併設しているような物件があまりなくて。

 

―こちらに来てから、山には登っていますか?

正直、経営者になってめちゃくちゃ忙しくなっちゃってあんまり出掛けられていませんね。でも晴天率が高いので、気持ちの持ちようが違います。今日も頑張ろうと思える、これだけでも違います。朝起きて山の調子見て、30分で登山口まで行ける、こんな贅沢はないです。

 

 

―小杉さんは「独立した」形かと思いますが、創業の経緯を教えてください。

前職でもアウトドアですが、趣味も仕事もアウトドア、それしか知らないです。年齢も年齢(今年47歳)で、前職では経営に関わらせていただきましたが、次第に「働くこと」、「会社とは」、「アウトドア業界に対して自分は何ができるか」を強く考えるようになりました。「何をこの業界に残せるか」という思いから、今のままでは自分の想いを実現できないと考え創業しました。

 

―開業資金はどうされたんですか?

創業資金はすべて自己資金で賄いました。お金借りると返さなきゃいけないじゃないですか(笑)。でも、賛同を得られれば、この業界は助けてくれるというのを感じました。みんなが喜ぶ、売れるものを創ると、協力してくれるんです。「お金大変でしょ。じゃあ先に払おうか」と言ってくれるディーラーさんもいました。自分が単に「良いものを創りたい」というだけでなく、自分が考える「この業界のあるべき姿」に賛同して、その未来にかけてくれるんだな、というのを感じました。仕事だけじゃなくて、ものごとってそうかもしれないですよね。熱意があって、まっとうなことを言っていれば「そうだよね」って賛同してくれる方がいるんですよね。

 

―創業に際して、こだわったこと、ポリシーとしたのは?

この業界は、ジャパンブランドが国内でも成立している珍しい業界だと思うんです。一方で、メーカーが価格をコントロールしていて、競争も少ないので、適正な価格になっていないと感じていました。この状況では業界が活性化しないし、新しい客層も入ってきにくいのでは、と。マーケットサイズに対して規模の大きな企業が多い業界なので、少数精鋭なら価格は下げられる。アウトドア愛好家が必要感じる機能は取り入れ、デザイン面でも妥協せず、ゼインアーツの製品として訴えたいことを1から考えました。

 

―1年目にゼインアーツでリリースしたのは4つのギアだったんですね。

ゼインアーツのイメージを決定する重要な4アイテムです。「行ける」と踏んでいましたが、蓋を開けてみるまでは何とも言えない。ディーラーさんがお店に置いてくれて、お客さんが買ってくれるまでは不安で不安で仕方なかったです。

 

―最初の反響はいかがでしたか?

自社のWebサイトでアイテムを11月にアップして、インスタも始めました。各地を巡って、全国で60店ほど取扱店としてうちの製品を置いていただけることになりました。

翌年2月に色んな場所で展示会をやって認知させ、4月に発売、という計画をたてました。まずはゼインアーツを知ってもらうことが先決だと…。ですが、2月の展示会前に完売しちゃったんです、Webとディーラーの予約分で。展示会前に予約が殺到して、まさかの完売です。こんなことは業界始まって以来だと言われました。

そして、即2ndロット(発注)に取りかかりましたが、あまりにディーラーさんからの注文数が多くて、ちょっと不安になりました。2回転目でしたので、うちも多くを在庫にしたくない、ディーラーさんにも長い間商品を置かせるのも申し訳ないので、注文数を少し削って卸したら、またはるかに超えちゃいました。読み違えました。。。即完でした。それは、もう各方面に謝りましたね。

1 2 3 4

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

松本地域振興局 総務管理課
TEL:0263-40-1955
FAX:0263-47-7821