来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 文化・伝統・歴史 > 合庁県民ホールに「木曽漆器」を展示しました

合庁県民ホールに「木曽漆器」を展示しました

 松本地域の魅力を来庁者の皆様へPRするため、松本合同庁舎1階の県民ホールでは、管内の特色ある工芸品や食品などを展示しています。
 この度、塩尻市木曽平沢にあります木曽漆器工業協同組合様からお借りした「木曽漆器」を展示しました!




 木曽漆器は、木曽平沢を中心に生産されている伝統的工芸品です。ウルシノキから採れた樹液「うるし」を木製品に塗り重ねることで、食器や棚など様々な製品が作られています。地場産業活性化戦略支援事業なども活用され、支援が行われています。
 詳しくは:木曽漆器工業協同組合ホームページ

 今回展示させていただいたのは、次世代に伝統産業を伝えていくために塩尻市の小中学校でも実際に使用されている漆器の「学校給食用食器セット」と、市職員等も着用している漆塗りの「名札」です。漆の重厚な輝きが高級感を漂わせ素敵ですね!ぜひ実物を間近でご覧ください。

 また、2014年6月6日(金)~8日(日)には、こうした漆器のアウトレットセールや作品展示などが行われる「第47回木曽漆器祭・奈良井宿場祭」が開催されます。重要伝統的建築物群保存地区に認定された「漆工町」木曽平沢や奈良井宿の町並みも味わえるこのお祭りにぜひお越しください。
 詳しくは:第47回木曽漆器祭・奈良井宿場祭ホームページ
 




 県民ホールではこの他にも現在、穂高天蚕糸製品松本七夕人形・松本姉様人形などを展示しています。
 合同庁舎にお立ち寄りの際はぜひご覧ください!

このブログのトップへ