来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 文化・伝統・歴史 > 生坂村で歴史的スポット再発見  赤地蔵と乳房イチョウ

生坂村で歴史的スポット再発見  赤地蔵と乳房イチョウ

生坂村にはあまり知られていないものの、お勧めの歴史的名所、観光スポットがいっぱい。   今回は、2か所を紹介します。

国道19号線安曇野市明科から生坂村に入り、最初の集落「下生野」の信号を左折、犀川を渡り10分ほど山道を登っていくと、村全体を一望できる日岐地区に到着、ケヤキの大木に守られた「赤地蔵」を発見。

まずは、ここから眼下に広がるパノラマが絶品。
すぐ近くには、スカイスポーツ公園もあって、パラグライダーで空中散歩が楽しめます。


    遠くに見える京ヶ倉・大城の登山、縦走コースが人気だそうです

地元の方の説明によると、
赤地蔵は、全国に3体しかないとのこと。
川中島の戦いで亡くなった武士の供養に建てられたもの。
何でも願いをかなえてくれるお地蔵様。
日照りで困った時は犀川まで下ろして雨ごいをしたとのこと。
願いが成就した人が、ベンガラ(赤色)で塗ったものとか。


もう1か所。
下生野交差点から車で5分、
「小立野」地区にあるのが、県の天然記念物「乳房イチョウ」
観音堂の敷地内に、高さ30m
樹齢800年の大イチョウが出現。

イチョウの姿が、お母さんの豊かな乳房を連想させること、
イチョウの大樹からたくさんの乳房(柱瘤)が垂れ下がり、いつも間にか「乳房(ちぶさ)イチョウ」と呼ばれるようになったとか。
葉が生い茂って見えませんが大小25の乳房があるそうです。

3本の柱瘤の垂れ下がりが見えます。
1 2

このブログのトップへ