来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

あづみの里山市が開催されました!

こんにちは!

松本地域振興局 林務課 安曇野市担当AGです。

安曇野市穂高で「第4回あづみの里山市」が開催されましたので、その様子を報告します。

「あづみの里山市」は、安曇野市で生産される木材「安曇野材」に触れる機会を提供し、地域で生産される木材を利活用する意義を啓発し、「安曇野材」の利用促進を図るため、平成28年から開催されています。

安曇野で生産された木材から作られた板などが特別価格で購入できる機会とあって、多くの方が来場し、「安曇野材」を購入されていました。

その他にも多くの出展があり、一日中楽しめるイベントでした。


安曇野市のアカマツを使った積み木コーナー

 


薪の販売や、チェーンソー、ペレットストーブなどの展示販売

 


ジビエ料理(シカスープとグリッシーニ)の販売

 


ハンモックやスラックラインの展示販売

長野県松本地域振興局林務課からは、森林税のPRとして、My箸、コースターづくり、山地災害模型を使った治山事業の説明を行いました。


転がってくるビー玉に子供たちも興味深々でした。


小さな子供から大人まで夢中で箸を削り出しました。

My箸は、一番身近な木材利用です。特に自分で作った箸であれば愛着も湧きます。

木材を使うことで、木の良さ、森林を整備することの大切さに少しでも関心を持っていただけたら幸いです。

このブログのトップへ