楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■Shinshuスクリーンショット > Shinshuスクリーンショット「はやぶさ 遥かなる帰還」1

Shinshuスクリーンショット「はやぶさ 遥かなる帰還」1

Shinshuスクリーンショット
~観たい!知りたい!めぐりたい!信州ロケ地調査隊~
映画「はやぶさ 遥かなる帰還」の舞台をゆく!!
銀河連邦・佐久市(1)

みなさん、こんにちは!
楽園信州ナビゲーターのリンダです☆


宇宙航空研究開発機構(JAXA)
臼田宇宙空間観測所
世界有数の大きさを誇る、直径64m・重さ1980t
の日本一のパラボラアンテナ
(提供:佐久市役所 観光交流推進課)

3月に入ったとはいえ、まだまだ寒い信州。
寒いときには、空気が澄んでいるので夜空の星や月がキレイに見えますよね。
2010年に小惑星探査機「はやぶさ」が地球に無事帰還したことから、宇宙ブームが到来!
果てしなく広がる広大な宇宙にロマンを求める人達が急増しました。

また、2012年5月の金環日食などにより、さらに熱を増しています。
最近では、「宙(そら)ガール」と呼ばれる、宇宙や天体観測に興味のある女性も増えてきました。

今回のShinshuスクリーンショットは映画「はやぶさ 遥かなる帰還」!
映画にも登場し、「はやぶさ」との交信を受け持った、臼田宇宙空間観測所や、佐久地域の宇宙にまつわるスポットなどをご案内します♪


◆ 映画「はやぶさ 遥かなる帰還」って・・・?
2010年に日本に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。
「はやぶさ」は2003年5月3日午後、鹿児島県肝属郡の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた小惑星探査機(第20号科学衛星MUSES-C)です。「はやぶさ」はイオンエンジンなど数々の実証実験を行いながら、日本の宇宙開発、ロケット開発の父「糸川英夫博士」の名を冠した小惑星「イトカワ」に着陸して表面サンプルを持ち帰るミッションを成し遂げました。
この高度なミッションには様々な困難が立ちはだかります。燃料漏れやエンジン停止、音信不通など、プロジェクトチーム一丸となってこれらの困難を乗り越え、7年間、約60億キロの旅を終え2010年6月13日にオーストラリアの砂漠に着陸しました。この偉業を達成させた技術者たちとその家族の熱い想いが描かれた作品です。
2012年2月に公開され、「ラストサムライ」などのハリウッド作品にも多数出演されている、渡辺謙さんが主演。また、同氏が映画の制作から公開までのプロジェクトマネージャーを務めたことも話題になりました。

1 2 3 4

このブログのトップへ