い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 駒ヶ根市、飯島町の景観育成住民協定地区が知事認定を受けました

駒ヶ根市、飯島町の景観育成住民協定地区が知事認定を受けました

 建築課のYです。
 駒ヶ根市赤穂 北割二区の「光前寺周辺水仙の里」景観育成住民協定と飯島町田切地区の伊南バイパス周辺田切地区景観形成・土地利用住民協定が知事の認定を受け、3月25日に認定証の交付式が県庁で行われました。
 「光前寺周辺水仙の里」は中央道の西、光前寺の参道へ向かう道路の沿道周辺です。水仙の見頃は例年では4月上旬から中旬です。







 伊南バイパス周辺田切地区は昨年12月に供用開始となった区間の北、平成26年度供用開始に向け現在建設中の伊南バイパスの一部、延長800mの両側それぞれ約60mの地域です。中央アルプスの手前の段丘の桜の見頃は例年では4月中旬頃です。






 加藤副知事から「光前寺周辺水仙の里」、伊南バイパス周辺田切地区の代表者へ認定証が手渡されました。






 これにより上伊那地域の景観育成住民協定地域は30地区となり松本地域とともに県内で最も協定地区数が多い地域となりました。

 「光前寺周辺水仙の里」景観育成住民協定地域の位置

 伊南バイパス周辺田切地区景観形成・土地利用住民協定地域の位置
 

このブログのトップへ