北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > 白馬村木流川で「夏の観察会」が開催されました!

白馬村木流川で「夏の観察会」が開催されました!

こんにちは!

農地整備課SHです。

 

8月9日(木)に白馬村の木流公園親水広場において木流川「夏の観察会」(主催:木流川と親しむ会、白馬村農政課)が開催されました。

 

「木流川」は江戸時代後期に農業用水路として開削され、長い年月を経るとともに、水辺や周辺の水田、林などにいろいろな動植物を育んできました。

木流川の名前は、かつて白馬山麓で切り出した薪を流し、下流の集落まで運んだことに由来しています。

 

当日、親水広場には40名余の白馬村の小学生が集まりました。

最初に親しむ会のスタッフから説明をうけ、水生昆虫の観察会のはじまりです。

 

雪渓から流れてくる清流のこの日の水温は約13度、子どもたちは網を片手にジャブジャブと川の中を探索します。

石の裏に網を入れてジャバジャバするのがコツのようです。

 

子どもたちから声が上がります。

「たくさん捕れた!」「これなんだろう?」

 

親しむ会のスタッフと一緒に見分けていきます。

カワゲラ・カゲロウ・ヘビトンボの幼虫・ミミズなどなど…

 

そして見つけた水生昆虫をスケッチします。

特徴を捉えた名作ばかりでした。

1 2

このブログのトップへ