北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > 北アルプス地域の自然・景観・名所 > 木流川(白馬村)で夏の観察会が開催されました!

木流川(白馬村)で夏の観察会が開催されました!

お疲れ様です!

農地整備課の稲妻太郎です。

先日、白馬村の木流川(きながしがわ)において、毎年恒例の夏の観察会が開催されました。

今年はコロナウィルスの影響により開催も危ぶまれていましたが、参加者を白馬村内に限定し、約20名の参加がありました。

高学年は「水生昆虫観察」、低学年は「風鈴、キーホルダー作り」の班に分かれます。

観察班は「木流川と親しむ会」の方からの説明を聞いた後、網を持って木流川に入ります

 

白馬でも連日暑い日が続いていますが、水温を図ってみると14度!

実際に入ってみると最初はキモチいいのですが、裸足では1分位が限界です・・・

川の石の陰からはトビケラカゲロウ等の様々な水生昆虫が出てきました。

 

ワナの稚魚も発見!

採取した後は水生昆虫の種類を数えたり、絵を描いたりしていました。

 

一方、工作班は間伐材を利用してキーホルダーを作ったり、風鈴に絵を描きます。

 

その後、低学年も水生昆虫採取に参戦

例年であればこの後に恒例の「流しそうめん」大会があるのですが、今般の事情により来年のお楽しみとなってしまいました。

子供たちは普段と違った夏休みを過ごしていると思いますが、地元の自然環境に触れながら、短い夏を満喫していました。

来年はいつものフルコースで開催されることを願ってます!

木流川と親しむ会白馬村の関係者の皆さん、大変ありがとうございました。

木流川に関する情報はコチラもご覧ください。

このブログのトップへ