「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > その他 > 佐久市臼田総合運動公園の「造林記念碑」をご紹介します。(完)

佐久市臼田総合運動公園の「造林記念碑」をご紹介します。(完)

佐久地域振興局林務課のSです。

佐久市臼田総合運動公園にある「造林記念碑」について連載させていただいております。

前回は、「造林記念碑」に、明治時代に植林をして、苦労を重ねながら森林整備を進め、大正時代にその林の木を一括して売り上げたことが書いてあることをお話ししました。

今回は、その続きで、当時の関係者(有志者)の気持ちが書かれていますので、解読をしていきたいと思います。

 

≪造林記念碑の現代語訳(その3)≫

****

造林記念碑(白文)(3)

翌三年十二月相議売却其地于臼田町以解同盟而衆恐

其事績之湮滅也将建碑以伝永遠乃俾総代田島文平属文余

余誼有不可辭者乃為之記云々 陶堂 木内正文選並書

大正四年六月 元臼田部分林共有者一同建之

DSC03643

※造林記念碑の碑文の拡大写真(「永遠」等の字を読み取ることができます。)

****

造林記念碑解読文(読み下し文)(3)

翌(よく)三年(1914年)十二月、 相議(あいぎ)し其(そ)の地(ち)を臼田町(うすだまち)に売却し、以(も)って同盟(どうめい)を解(と)く。

衆(しゅう)其(そ)の事績(じせき)の湮滅(いんめつ)を恐(おそ)るるなり。

将(まさ)に碑(ひ)を建(た)て以(も)って之(これ)を永遠(えいえん)に伝(つた)えんとす。

乃(すなわ)ち総代(そうだい)田島文平、余(よ)に属文(ぞくぶん)せしむ 余(よ)、誼(よしみ)辞(じ)すべからざるもの有(あ)り 乃(すなわ)ち之(これ)を記(しるす)となす云々(うんぬん)

陶堂木内正文 選並書

大正四年(1915年)六月 元臼田部分林共有者一同(いちどう) これを建(た)つ

 

****

造林記念碑 (現代語訳)(3)

1 2 3

このブログのトップへ