ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > お母さんは太陽。 「合同会社マムズサン」(いいね!インタビュー⑥)

お母さんは太陽。 「合同会社マムズサン」(いいね!インタビュー⑥)

みなさん、こんにちは。商工観光課のKです。
今回の「信州いいね!企業インタビュー」は、合同会社マムズサン池尻 由美代表です。マムズサンは、産後や育児中のお母さんたちを支援するサービスを行っている会社であり、長野市内で2つの保育園も運営しています。
すこし長い文章になりますが、女性はもちろん男性にも、多くの方に読んでいただきたいインタビューです!

代表の池尻 由美さん

代表の池尻 由美さん

-最初に、合同会社マムズサンの仕事について紹介してもらえますか?

はい。弊社は設立当初から、赤ちゃんのいる家に出向いて母乳ケアなどをする、産後のお母さんの支援を行っていました。その仕事でお母さんたちに関わる中で、2人目のお子さんが生まれるときに、まだ小さい1人目のお子さんを一時的に預けられる場所が不足していると感じ、それで保育園を始めることにしました。

-当初は産後ケアの仕事をしていたのですね。池尻さんは元々、助産師として病院で働いていたと聞いています。どのようにして助産師になって、そして何がきっかけで起業を決断したのか気になります。池尻さんの経歴を含めて、教えてください。

中学生の頃から看護師になりたくて、高校は准看護師の試験を受けるために、衛生看護科に進みました。寮生活のある厳しい学校だったのですが、実は勉強するうちに、看護師になるのが嫌になってしまったんです。高校に入るまでは、白衣を着た華やかな仕事というイメージでしたが、看護師の世界の現実や、命を預かる仕事の責任の重さを痛感し、「私には無理だ・・・」とショックを受けたんです。

-医療現場の厳しさを知ってしまったのですね。その後は、どうしたのですか?

それで、卒業後は民間企業に就職しました。でも、働き始めて1年ほど経った頃、高校時代の寮の仲間で集まる機会があったのですが、看護の道に進んだ同期の姿がすごく輝いて見えたんです。そこで、やっぱり私も看護師になろうと決意しました。

病院で働きながら勉強ができる看護学校に入学して、産婦人科で仕事をしたのですが、働いてみるととても面白かったです。双子が生まれてくるのを実際に見て、感動したことを今でも覚えています。その経験から、看護師になるなら私は産科で働きたいと思い、横浜の助産師学校に通いました。

-高校を卒業してすぐに横浜の助産師学校に進学したのかと思いましたが、実際はその間に色々なことがあったのですね。

他の人達よりも時間はかかりましたが、現場で見せてもらったものや、体験させてもらったことが今の自分につながっていると思います。助産師として働き始めた後も、大変な仕事だという認識は変わらずありましたが、「私には無理だ」とか「嫌だ」という気持ちは無くなりました。昔とは別の角度から、看護師の仕事を見ることができるようになったのだと思います。

-その後、長野県にはいつ頃戻ってきたのですか?

20代の後半、第1子を出産したときですね。誰かフォローしてくれる人や安心して赤ちゃんを預けられる場所が必要だと思い、主人と相談して、私の実家がある長野県に帰ってきました。子どもが1歳を過ぎてからは、私も長野市の丸山産婦人科医院で働くようになりました。

-総合病院ではなく個人病院を選んだことには、何か理由があったのでしょうか。

それぞれに特長がありますが、私には個人病院のほうが合っていましたね。助産師としての仕事の中でも、自分の個性が出せるというか。さらに言えば、丸山先生の下で働けたのが大きかったです。出産してそれで終わり、ではなく、言うなれば“お母さん力”を高めるような指導をしてくれる病院でした。

-なるほど。ふだん出産の現場に立ち会っている助産師さんは、ご自身が赤ちゃんを産むときにも、一般の人より落ち着いていられるものですか?

いえ、そんなことは全然ありませんよ。助産師として外から見て「大丈夫、大丈夫!」と言っている時とは、やはり全然ちがいます。正直に言うと私も、助産師であるにもかかわらず、最初の出産はすごく自分本位なお産でした。「私はこんなに苦しいの!分かってよ!」みたいな。

1 2 3 4

このブログのトップへ