ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 観光・商工業 > 認知症予防で、信州から世界を幸せに。「ヘルコミラボ株式会社」(いいね!インタビュー⑩)

認知症予防で、信州から世界を幸せに。「ヘルコミラボ株式会社」(いいね!インタビュー⑩)

長野県では、昨年の9月に「信州ベンチャーコンテスト」を開催しました。このコンテストで起業部門のグランプリを受賞したのが、ヘルコミラボ株式会社中出 敬介(なかで けいすけ)さんです。
当日のプレゼンテーションは素晴らしかったですが、もっと時間があれば中出さんの熱い思いや会社のことを、じっくり聞けるのに・・・と思っていました。
そこで、ヘルコミラボ株式会社さんにお邪魔して、たくさんお話を聞いてきました!

代表の中出 敬介さん

代表の中出 敬介さん

-まずは、ヘルコミラボ株式会社について簡単に教えてください。

はい。弊社では、認知症の疑いの有無を検査するスクリーニングテストと、認知症を予防するための運動プログラムをご提供しています。創業したのは一昨年ですが、ありがたいことに、既にいくつかの自治体や民間企業様にご利用いただいています。

-認知症予防のための、検査と運動ですか。事業については、後ほどさらに詳しく聞かせてもらうとして、次は中出さんの経歴について教えてください。石川県のご出身だと聞いていますが…。

そうです。私は石川県金沢市で生まれました。小さい頃からスポーツ小僧で、サッカーや陸上に打ち込んでいましたね。

-どんなきっかけがあって、中出さんは長野に来ることになったのでしょうか。

私が高校生の頃、祖母が糖尿病と認知症を発症し、家族みんなが悲しく辛い思いをしました。そんな経験を通して、どうにかして認知症を予防することはできないかと思っていたとき、長野県の信州大学ではスポーツを通じて地域の人の健康づくりをサポートする研究をしていると聞いて、信州大学に進学することを決めました。

-おばあさんが認知症になって、それで信州大学で学ぶために、長野に来たのですね。

気付けばもう、人生の半分は長野県にいますね。信州大学教育学部・医学部大学院寺沢宏次教授の研究室で勉強やお手伝いをさせていただく中で、いくつかの市町村や海外の国で健康づくり事業に携わってきました。

-海外は、どんな国に行っていたのでしょうか?

タイやインドネシア、フィリピンに行きました。長野県は日本トップクラスの長寿県で、その中で実施している健康づくりについて、海外の研究者はとても関心を持っています。
そして、大学を卒業する頃には都内の民間企業へ就職が決まっていましたが、寺沢教授から「信州大学と共同研究を行っている箕輪町で健康づくり事業を立ち上げることになったので、参加してもらえないか」というお話を頂き、箕輪町役場で働くことになりました。町の職員として働く中で、実際の現場を経験させていただいたことは、自分にとって宝物です。

タイでの活動の様子

タイでの活動の様子

1 2 3 4

このブログのトップへ