信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

直根苗木の12年後・・・

みなさん、こんにちは。森林づくり推進課の○○予想家Mです。
5月20日から6月30日までは、山地災害防止キャンペーン期間です!
と言う訳で、先日、昔担当していた治山現場に12年振りに行って来ました!

下の写真は、平成16年10月台風災害で崩れた現場(大町市八坂)です。森林に復元するための治山工事を行っています。(撮影は、平成18年12月頃です)
写真1












標高690m地点にあり、斜面勾配30度かつ土壌硬度30mmと植栽木の生育には大変厳しい条件の現場でした。
写真2












ずるずる、あぶねぇ~(急勾配でロープが無いと立てませ~ん)
写真3












山中式土壌硬度計で計ったら、土壌硬度30mm!(カッチカチ!)

下の写真は、治山工事が完了したところです。(撮影は、平成19年5月頃です)
写真4












森林に戻すため、土留工(ブロック積)、筋工(丸太)、伏工(植生マット)などを行いました。
写真5












植栽木には、過酷な条件であったことから、「直根苗木」を採用しました。

「直根苗木」とは、直根が重力に向かう性質を活かすために開発されたもので、本県でも山腹崩壊地など、良好な根をすみやかに成長させることが求められる箇所に採用しています。
写真6
 











治山1












最初こんなに小さかった苗木なのに・・・

下の写真は、先日、平成30年5月25日に撮影したものです。
写真7












今は、こんなに成長しました。(高さ6m超え!)立派になったね。
あの、硬い急な斜面で、やるなぁ~「直根苗木」!
写真8












徐々に森林に回復していく様子がうかがえました。
今後も生育状況について、温かい気持ちで見守って行きたいと思います。
(けやき坂77本)
治山マン

LINEで送る

このブログのトップへ