南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > その他 > 今月が出荷ピーク「クリスマスローズ」って?今2月だよ!

今月が出荷ピーク「クリスマスローズ」って?今2月だよ!

南信州農業改良普及センターのHです。

ここ南信州も、立春を境に日脚も伸び、寒さも緩んできたように感じます。

今回紹介する南信州の花は「クリスマスローズ」。


品種名:ダブルエレン

南信州地域では、8戸の農家で栽培。12月から4月まで、約5万本の切り花が、関東・関西の都市部を中心に出荷されます。最も出荷量が多いのは、この2月!!

 


品種名:スノーホワイト。JAみなみ信州の主力品種です!!

『クリスマスでもないのに、どうしてクリスマスローズ?』と思われる方も多いのではないでしょうか?

クリスマスローズには、たくさんの品種が!中でも、原産地であるヨーロッパに自生している原種”ニゲル”はクリスマスの頃に露地咲きすることから、この名前がついたそうです。しかし、日本で一般的に栽培されている品種(ガーデンハイブリット系)が、クリスマスに出回ることは少ないそうです。

今回はJAみなみ信州の花き技術員と一緒に、松川町の農家Sさんを訪問。Sさんによると、「出荷のピークを過ぎたが、今年は害虫の発生も少なく、順調に出荷できた」とのことです。


陽気もよくなり、昼間はビニールハウスもサイドを開けて換気します。(午後に訪問したので、収穫が終わった後でした。)
クリスマスローズの魅力は、”一度植えると何年も継続して収穫でき、無加温で冬でも出荷できる”こと!
市場からは引き合いも強く、技術員は、「もっと栽培者を掘り起こしたい!」と意欲的です。


農家Sさんに今後の管理について説明する、JAの花き技術員

クリスマスには出回ることが少ないクリスマスローズ・・・、この季節には人気の切花の一つですね!


品種名:マグニフィセントベル

ちなみに、クリスマスローズには「追憶:私を忘れないで」という花言葉があるそうです(ほかには「いたわり」など)。
生花店などでお見掛けされた折には「もしかしたら南信州産かも?」と、南信州のことをちょっと「思い出して」いただけると嬉しいです。

このブログのトップへ