「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > わたしたちの仕事 > 農道工事に先立って行われた発掘調査の成果の展示

農道工事に先立って行われた発掘調査の成果の展示

農地整備課のABCですface03

本日2月24日(月)から、長野県佐久合同庁舎1階ロビーで、南牧村野辺山にある矢出川第Ⅷ遺跡icon24(旧石器時代)の埋蔵文化財の調査報告のパネル展示が始まりましたicon25icon12


これは、長野県佐久地方事務所で県営畑地帯総合土地改良事業南牧地区農道工事を行うのに先立ち、長野県埋蔵文化財センターが調査し、出土した石器陥し穴の写真をパネルで展示しています。

180点もの石器、石刃、石核が出土しました。

これは発掘調査時に見せてもらったナイフ形石器です。約3万年前の人が、これを使って獲物を解体していたことを思い浮かべると、なんとも不思議な気持ちになりますface06

こちらも同じ場所から出土した水晶の塊です。これほど大型の水晶icon12が出土したのは長野県でもまれなことだとセンターの方が話していましたface02
これも3万年前の人が持ってきたものです。

2月27日(木)夕方まで展示していますので、合庁にお立ち寄りの際はご覧になってくださいface01

このブログのトップへ