「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > その他 > 制服ベアで思い出を永遠に「シマ・インターナショナル 軽井沢ベアーズ」(軽井沢町)

制服ベアで思い出を永遠に「シマ・インターナショナル 軽井沢ベアーズ」(軽井沢町)

長野県では「日本一創業しやすい環境づくり」を目指しており、下記に代表されるような様々な創業者支援の施策を行っております。佐久地方事務所商工観光課では「創業者インタビュー」と題し、事業者に訪問して伺ったお話を発信しています。

保証料と金利を合わせた事業主負担が全国一低い
「長野県中小企業融資制度―創業支援資金―」

創業者等の法人事業税を課税免除する
「創業等応援減税」

登録された民間の専門家を派遣し、適切な助言等を行うことにより課題解決を図る
「専門家派遣事業(創業間もない事業者向け)」

多岐に亘る経営課題や、地域活性化のために、地域の支援機関の皆様と連携しながら対応する
「よろず支援拠点」

本日は北佐久郡軽井沢町にある制服ベアとオーダーメイドスーツの専門店である「シマ・インターナショナル軽井沢ベアーズ」代表の島邑和之(しまむらかずゆき)さんにお話を伺いました。

DSC04802

(制服ベアを抱く島邑さん。制服ベアが着ているのは息子さんが通っていた小諸商業高校のものです。
後ろには今まで命を吹き込んだ制服ベアの写真がズラリと並んでいます。)

-本日はよろしくお願いします。
それにしても可愛らしいベアがいっぱいですね。思わず触ってしまいそうです。

ありがとうございます。観光客の方のご来店がほとんどですが、特に女子大生の旅行グループやお子様連れのご家族が多いですね。

DSC04808

(ショーウィンドにはスーツやワイシャツとともに、制服リメイクベアの文字があります。
看板にクマのシルエットがあるのがさりげなくていいですね。)

-こんなに可愛らしいベアがいっぱいいれば寄ってみたくなりますよね。
島邑さんは元々会社勤めをされたと聞いていますが、起業されたきっかけはどんなものでしょうか。

元々は紳士服や婦人服の製造・販売をする会社に勤務しており、そのなかでながの東急小諸店(当時)に出向し、紳士服販売店の店長として勤務していました。そこでながの東急小諸店が閉店するという話が出たのをきっかけに東京に戻るという話が私のところにも来たのですが、すでに長野県の女性と結婚して子供もいたため、今さら東京に帰って新しい生活を送るのにためらいを感じていました。さらに、ながの東急小諸店で培ったノウハウや人脈を生かして起業したい!という気持ちが強まったため、思いきって1996年に小諸市で起業しました。その時はイージーオーダーのスーツ専門店としてオープンしたので、制服ベアのせの字もありませんでした(笑)

-創業して良かったこと、逆に大変だったことを教えてください。

小諸で創業した時はまだ若くて夢と希望がいっぱいだったことと、地元の商工会議所さんからの支援もあったので大変だった記憶はあまりないですね。ただ不安だったのは、新規のお客様を取り込んでいくのができるのか、ということでした。今まではながの東急小諸店で働いていてそのネームバリューでお客様に来ていただいていたのが、個人事業ではそういうものがない。新規のお客様にどうやってお越しいただけるか、当時は非常に悩みましたね。自分のお得意様がいなければ、独立していなかったかもしれません。

12352688

1 2 3

このブログのトップへ