「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のイベント > 御酒飲ラリー参加中 6店目は、「KFスタイル」

御酒飲ラリー参加中 6店目は、「KFスタイル」

佐久地域振興局のえいちゃです。

現在参加中の御酒飲ラリー、6店目にお邪魔したのは、「KFスタイル」。

佐久平駅前のイオンの隣にある、食器やコーヒーのお店「キッチンファーム」の一画にあります。

 

昼間はカフェで、コーヒーの試飲もできますが、夕方からはワインにチーズ、パスタ、アヒージョなどがいただけるお店になります。
(つれあいは運転して帰るのでカフェラテを注文。)

 

カウンターの目の前に、御酒飲ラリー参加の15酒リストが掲示されていて、「どれでもどうぞ。」と語りかけてきます。

まずは、大塚酒造の浅間嶽、無濾過生がワイングラスに入って登場します。

大塚酒造は、小諸市唯一の酒蔵で、これまた佐久地域唯一の女性の杜氏、大塚白美(きよみ)さんがお酒を作っています。

昨年のSAKU13(さくさーてぃーん)は、大塚酒造でした。
(今年は土屋酒造が取り組んでおり、春にはお披露目になります。)

 

お通しは、タコとポテトサラダ。

おまかせサラダ680円を注文したら、チキンとエビが入ってアボカドにチーズ味のドレッシングのかかった山盛りのサラダでした。


これだけでもお腹が満たされそうだなあと思いながら、2杯目を注文します。

 

武重本家酒造の御園竹が、和らぎ水とともに届きました。

武重本家は、立科のウォーキングイベントで訪れた2軒のうちの1軒で、佐久市の西側、立科町近くにあります。

中山道ウォーキングに参加しました!

酒蔵の前には、若山牧水の歌碑があり、

しらたまの 歯にしみとほる 秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり

と、もう2首が刻まれています。

 

2合以上注文すると、御酒飲ラリー参加者へのプレゼントで、「波佐見焼太一窯 大ぐい吞」がいただけます。150㏄くらい入る大きなぐい吞で、とてもぐいっと飲み干すわけにはいきません。

夕食も済ませてしまおうと、ビーフステーキを注文。


ポテトフライもたっぷりついて、1,680円でした。
1人では、食べきれなかったと思います。

すっかり身体も温まってきたので、ヤッホーブルーイングの軽井沢高原ビールをいただきました。


ビール工場は、佐久市の北部、御代田町寄りの場所にあります。

このところ売り上げ好調で、タンクが林立しています。
夏になると、予約制で工場見学+試飲会をやっており、アルコールになる前の麦汁を飲んだりしながら製造工程を学べます。

これで13枚のシールが集まり、あと2枚になりました。

 

佐久地域振興局総務管理課
0267-63-3131

このブログのトップへ