ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

✿お花屋さんの出前教室✿

こんにちは!
農政課のしゃっぽです。
 
 先日、小学生を対象に「~花とふれあう~フラワーアレンジメント出前教室」を実施しました。

 この事業は、長野県花きイノベーション推進協議会(事務局:長野県農政部園芸畜産課)が主催するもので、長野県内の小学生を対象に、県内で生産された切り花を用いたフラワーアレンジメント出前教室を実施することで、「花とふれあう」「大切な方に花を贈る」等、花を介した体験や機会を提供するとともに、全国有数である長野県の花の生産概況について、理解を深めてもらうことを目的としています。

 6月に事務局で県内の小学校に募集をかけたところ多数の応募があり、抽選の結果選ばれた県内30校の小学校で実施されます。
 出前教室を実施するのは、長野県生花商業協同組合に加盟するお花屋さんと長野県園芸作物生産振興協議会美しい信州の花推進部会の地方部(地方事務所農政課内)です。

 私の担当する長野地方部では、長野市立浅川小学校を含めて4校で実施します。

 第1回目の浅川小学校での講師は、長野市県町で生花店「花はタケダ」を営む武田耕一先生です。
 教えていただいたのは、浅川小学校フラワーアレンジメントクラブの4~6年生の児童21人と顧問の先生です。
 
 出来上がり見本です。
 浅川1
 
この日の花材は・・・
浅川2
           
JAながのさんから、トルコギキョウ、スプレーカーネーション、リンドウ
JAグリーン長野さんから、クジャク草
レザーファンは、武田先生が用意してくださいました。
 
浅川小学校のフラワーアレンジメントクラブは、今年発足したクラブだそうです。
お花が好きなメンバーが集まっていて、みんなこの日を楽しみにしていてくれました。

まずは、私から長野県の花作りについて資料を見ながら説明しました。
 ・長野県は切り花の生産量が全国第7位、鉢花の生産量が全国第9位
 ・品目別では、カーネーション、トルコギキョウ、アルストロメリア、シャクヤク、ダリア、シクラメンが第1位
 ・長野県では夏から秋を中心に年間を通していろいろな種類の花が生産されている
 ・長野地域でもトルコギキョウを中心に花の栽培が盛んである
 ・千曲市の力石地区は、日本で初めてトルコギキョウが生産された土地である
 ・リンドウは長野県の県花として親しまれている
 ・今日の花材は、長野市で生産された花である
 などなど、みんなの住んでいる長野県は全国有数の花の生産県なのです!!ってことをお話しました。

1 2

このブログのトップへ