信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > プレスリリース/お知らせ > 23年度プレス > 薪ストーブの灰から放射性セシウムが検出された件について

薪ストーブの灰から放射性セシウムが検出された件について

<林務部プレスリリース>
 上田市の販売者から購入した薪を使用した、山梨県北杜市の薪ストーブの灰から、国の基準値を超える放射性セシウムが検出されたことを受け、販売者及び生産者から聞き取り調査をした結果、薪の伐採場所は、群馬県長野原町・嬬恋村境付近であることが判明しました。

1 経緯
平成24 年3月29 日 17:00
上田市の薪販売者から購入した薪ストーブ用の薪から発生した灰から1万ベクレルを超える放射性セシウムを検出したとの報告が山梨県庁からあり

平成24 年3月29 日 18:00
山梨県庁の情報から、薪販売者を特定して生産・販売状況を電話にて確認した結果、群馬県で伐採した薪であることが判明

平成24 年3月30 日
薪の生産者及び販売者に詳細を確認した結果
① H23.2~6 月に生産した薪用原木である。
② 薪の伐採地は「群馬県長野原町・嬬恋村境付近」である。
③ H23.6 月に、群馬県で生産した薪(約3t)を今回放射性セシウムが検出された薪ストーブユーザーに知人を通じてインターネットオークションで販売・配達し残った薪はない。
④ 薪の生産者は農閑期の副業的な小規模生産者である。

2 今後の対応
 薪の安全確認の方法は引き続き、12 月27 日長野県プレスリリース「佐久地域で生産された薪について、一部の地域を除いて安全性が確認されました」により注意喚起を行う。
http://www.pref.nagano.lg.jp/rinmu/ringyou/makihosyano/press111227.pdf

<本件に関するお問い合わせ先>
林務部信州の木振興課県産材利用推進室
TEL:026-235-7266(直通)
FAX:026-235-7364
メール:mokuzai@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ