信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 長野県の森林政策 > オーストリア共和国との森林・林業に関する連携・交流

オーストリア共和国との森林・林業に関する連携・交流

森林政策課です。

オーストリアと長野県は、平成25年に林務部が全国に先駆けて先方政府の研究・研修機関と覚書を締結し、林業大学校の学生や県内の林業技術者が技術交流を開始しました。
また、こうした取組を加速化させるため、平成27年には、阿部知事とオーストリア農林環境水資源管理大臣(現 オーストリアサステナビリティ・観光大臣)との間で全国で初めて技術交流の覚書を締結しています。

この覚書を契機として、
①オーストリアで行われる研修への県内林業技術者や、山地防災に関する技術者の交流
②オーストリアとして初の国外開催となった昨年度の「国際ウッドフェア2017」の長野県での開催、今年度オーストリアで開催された「クラーゲンフルター・ホルツメッセ木材展示会2018」への長野県の初出展
③高性能な林業機械やバイオマスボイラーの県内への導入
など、連携・交流の取組は、着実に広がっているところです。

<クラーゲンフルター・ホルツメッセ木材展示会2018の長野県ブース>

<クラーゲンフルター・ホルツメッセ木材展示会2018の状況>

平成25年と平成27年に締結した両覚書は、本年で期限が切れる予定となっておりましたが、
これまでの取組により、深まった関係性を今後も継続させ、引き続き双方にとって有益な連携・交流を推進していくために、
平成25年に締結した覚書は、8月にオーストリアで開催されたクラーゲンフルター・ホルツメッセ木材展示会2018の会場において、中島副知事が渡欧の上、更新してまいりました。

また、平成27年に締結した覚書は、先方政府の組織再編により新たに観光分野も所管に加わったことを踏まえ、来年度以降に観光分野も含んだ包括的な覚書を締結することを見据え、
平成30年11月20日にオーストリアサステナビリティ・観光相のマルティン・ネーバウアー部長と在日オーストリア大使館商務部のルイジ・フィノキアーロ上席商務官がサステナビリティ・観光大臣の親書を携えて阿部知事を表敬訪問され、親書を取り交わし、覚書の期限の無期限延長を確認しました。

来年8月には、長野市ビッグハットで次世代森林産業展2019の開催が控えておりますので、今後も長野県の森林・林業・林産業の更なる発展に向けて、オーストリアとの連携・交流を進めてまいります。

 

<本件に関するお問い合わせ先>
長野県森林政策課
TEL:026-235-7261
FAX:026-234-0330
メール:rinsei@pref.nagano.lg.jp

このブログのトップへ