来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 農地整備課 > 波田堰に親しむイベントを応援しました!

波田堰に親しむイベントを応援しました!

農地整備課のKです。

 

8月25日(日)に東筑摩郡波田堰土地改良区が主催したイベント「波田せぎ探訪とますつかみ“水辺で遊ぼう!”」を紹介します。

イベント会場の“波田堰(はたせぎ)”は一級河川梓川にある梓川頭首工から取水し、松本市波田地域“下原(しもっぱら)すいか”の産地を潤す(うるおす)農業用水で、東筑摩郡波田堰土地改良区が管理しています。

 

波田堰に親しみながら、歴史を学び、農業用水の重要性を知るきっかけとするため、地域内外を問わず参加を呼びかけ平成17年からこのイベントを開催しております。

この趣旨に賛同し、松本地域振興局農地整備課の有志で結成する「手づくり農村応援隊」の5人が運営のお手伝いをしました。

今年も松本市立病院西側の親水公園に約100人の方々が参加してくれました。

まず、水路内のゴミ拾いと転落防止柵(木柵)へのペンキ塗りの2班に分かれ作業を行います。

ゴミ拾いでは、水車に絡まったカッパやホットカーペットがありました。
家庭ゴミの投棄は、水路があふれる原因になりますので、是非やめていただきたいものです。

 

ゴミ拾いの途中では、子どもたちがイモリやカマキリを捕まえて見せてくれました。

 

 

木柵のペンキ塗りでは、体についたペンキを気にもせず、丁寧に塗ってくれました。
「他に塗る場所ない?」と聞かれるくらいみんな夢中になってました。

 

 

次はお待ちかねのますつかみです。

900尾のイワナとニジマスを放し、事務局の合図とともにみんな一斉に水路に入ります。

 

1 2

このブログのトップへ