楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■楽☆援☆スポーツ > 楽☆援☆スポーツ「スポーツで長野県全体を元気に!」

楽☆援☆スポーツ「スポーツで長野県全体を元気に!」

楽☆援☆スポーツ
~観て楽しい!応援したらもっと楽しい!~
スポーツで長野県全体を元気に!
プロスポーツ=地域の元気の源

メールマガジン「楽園信州」のリニューアルに合わせて新しくスタートした『楽☆援☆スポーツ』!
〈長野県(地域)に愛されている信州のスポーツ〉〈観て楽しい!応援して楽しい!信州のスポーツ〉をコンセプトに、観戦する楽しみ・応援する楽しみを伝えています。


(「アルクマキャラバン」ブログから)

これまで、過去4回にわたって、県内で活動している4つのプロスポーツチーム(信濃グランセローズ・松本山雅FC・AC長野パルセイロ・信州ブレイブウォリアーズ)の現場を順番にご紹介してきましたが、最終回の「楽☆援☆スポーツ」は、スポーツで長野県を元気に!長野県を活性化する一つの手段として、スポーツがどんな役割を果たしているのか、長野県教育委員会事務局スポーツ課管理係の峯村さんと長野県観光部観光振興課誘客促進班の山岸さんにお話をお聞きしました。


【スポーツで長野県をより元気に!】
1998年の冬季オリンピック開催や、全国でも有数のスキー場を持つなどウィンタースポーツのイメージが強い長野県ですが、近年は野球・サッカー・バスケットボールのプロチームが次々と誕生し、各チームの活躍でプロスポーツが身近に感じられるようになりました。


長野県を舞台に活躍する各プロスポーツチーム。
地元では応援のノボリ旗が掲げられたりと地域からの応援も熱いです。


長野県教育委員会事務局スポーツ課 峯村さん

盛り上がりを見せる信州のプロスポーツ。
スポーツを通じて長野県全体を元気にしていきたい!と、ある協定が結ばれました。
それが「スポーツによる元気な信州づくり包括連携協定」。
協定が結ばれたことでどんな取り組みが行われたのでしょうか。
長野県教育委員会事務局スポーツ課の峯村さんにお話をお聞きしました。

<「スポーツによる元気な信州づくり包括連携協定」って・・・?>
スポーツ課では、学校教育における体育の充実や子どもの体力向上、スポーツ施設の整備や維持・管理、さらには選手の育成強化に向けた支援など、県民のみなさんが生涯を通じてスポーツに親しめるよう環境づくりに取り組んでいます。

今年の7月、長野県と県内にある4つのプロスポーツチーム(信濃グランセローズ・松本山雅FC・AC長野パルセイロ・信州ブレイブウォリアーズ)の運営会社、(公財)長野県体育協会、(特非)長野県障がい者スポーツ協会の計7団体が「スポーツによる元気な信州づくり包括連携協定」を締結しました。
この協定には、スポーツ振興だけでなく、青少年の健全育成、県民の健康増進、観光振興、地域の活性化などについてお互いに連携し合い、協力するということが盛り込まれています。
当初は、長野県と県内のプロスポーツ4チームの間で結ばれる予定でしたが、チーム側から「県体育協会と県障がい者スポーツ協会も加わることで、より広く活動できるのでは」との提案があり、7団体での締結となりました。

締結後の7月7日に行われた「第34回スポーツ天国」というスポーツイベントでは、県内のプロスポーツ4チームが揃って参加し、各競技の教室や交流イベントが実施されました。
長野県主催・共催のスポーツイベントは、以前より年2回、春と秋に開催しており、各チームでも独自にスポーツ教室は行っていますが、4チームが一堂に会して行うイベントとしては初の試み。
さらに「障がい者スポーツ交流コーナー」も初めて企画され、車いすバスケットの体験など様々なスポーツが体験できるイベントとなりました。

1 2 3

このブログのトップへ