楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■四季彩だより~信濃の国から~ > Vol81■読まなきゃチョーソン市町村【原村】

Vol81■読まなきゃチョーソン市町村【原村】

独特の味わい 伝統の「ぼろ機織り」【原村】

八ヶ岳高原のふもとに広がる原村で、古くから行われている「ぼろ機織り(はたおり)」をご紹介♪


「ぼろ機織り」とは、古くなった布や毛糸を洗いほぐし、細く裂いて布地に織り直す昔から伝わる織物で「裂織り(さきおり)」とも呼ばれています。着古した服などから、新しいものが出来るなんて、まさにエコ。織りあがった作品は、厚みと温かみがあり、キルティングなどに比べ肌触りも良いんですよ。
手間ひまをかけて生み出される独特の味わいが近年では人気を集めており、その技術を学びたいという人も増えています。

1975年に発足した「八ツ手(やつで)機織(はたおり)保存会」は、戦後衰退していった「機織り」を農村独自の文化として残そうと、会員達が自宅で機織りを続けることで技術を継承しています。

農閑期の合間に織り上げられた作品に出会えるのは、3月21日に開催される展示即売会。
今年で32回目になる即売会には、味わい深い手作り作品を求め、毎年多くの愛好者でにぎわいます。
当日は、「ぼろ機織り体験」もできますので、ぜひいらしてくださいね。

【展示即売会】
日 時:3月21日(日)午前9時から午後4時まで
場 所:諏訪郡原村八ツ手地区公民館(TEL:0266-79-2910)
即売品:バッグ、はんてん、ティシュカバー、敷物、こたつ掛け等300点余
小物から大きな作品まで、色とりどりのステキな作品が並びます。
詳しくは、コチラ≫(パソコン用)
夏(7月~9月)になると、ぼろ機織りが「原村郷土館」で体験できます。
郷土館はコチラ≫(パソコン用)

ちょっと足をのばすと、八ヶ岳温泉「もみの湯」が。まだ雪残る原村の景色を楽しみながら露天風呂なんていかがでしょうか。
八ヶ岳温泉 もみの湯(パソコン用)

また、30年ぶりの改修が終わり、4月1日からリニューアルオープンする「八ヶ岳美術館」。綺麗になった美術館で鑑賞をお楽しみください。
開館時間:9:00~17:00
料  金:大人500円 小中学生 250円
休  館:年末年始、臨時休館除き無休
八ヶ岳美術館(パソコン用)

1 2

このブログのトップへ