楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.218>旬です!信州

<北相木村の三滝>
北相木村の三滝山では青みを帯びた神秘的な氷瀑が美しい姿を見せています。
標高1200メートルにある大禅の滝です。落差30メートルの滝は年末に下から凍り始めて高さ20メートル、幅8メートルほどの氷柱に成長しました。
北相木村によりますと今年は、滝の最上部まで凍るのはちょっぴり難しそうということですが、森の中に立つ神秘的な雰囲気に観光客は盛んにカメラを向けていました。(2月12日放送)

<茅野市の氷の芸術>
茅野市蓼科の温泉旅館が厳しい寒さを利用して氷の芸術作品を生み出しました。
長さ4メートルのパイプに水を通して作った氷の柱です。
8年目の今年は高さ12メートル、幅は8メートルと、これまでのノウハウを活かして満足のいく大きさになりました。
訪れた人も厳しい寒さを感じさせる青い氷に見とれていました。3月中旬まで楽しめるということです。
(2月15日放送)

このブログのトップへ