楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.230>I♥信州(あいラブしんしゅう)

I♥信州(あいラブしんしゅう)
静かな星空の下 子どもが子どもになる暮らし(2)
~未来のメダリストは松川町育ち~

「I♥信州」は、長野県外から信州へ移住された方に、移住のきっかけや信州での暮らしの様子をお伺いし、長野県の魅力をさらに伝えていこうというコーナーです。


宮尾さんご家族(写真提供:宮尾竜平さん)

第11回目のI♥信州は、大阪府枚方市から下伊那郡松川町に移住された、宮尾竜平さん。
前編では、宮尾さんが松川町に移住するまでの経緯をお聞きしました。
◆前編はこちら

後編では、森林セラピーガイドの取り組みや、宮尾さんが松川町でこれから叶えたい夢、信州へ移住を考えている方に向けてのメッセージなどご紹介します。


■心身ともに癒される、森林のちから

宮尾さんが移住された下伊那郡松川町、町営施設「信州まつかわの里 清流苑」の周辺には、「清流とおよりての森」があります。
今年、この「清流とおよりての森」が、NPO法人森林セラピーソサエティから「森林セラピー基地」に認定されました。
長野県内で「森林セラピー基地」「森林セラピーロード」に認定されている森は、上松町や佐久市、飯山市など松川町を含めて9ヵ所あり、全国でも長野県は最も多くの森が認定されています。

宮尾さんは、この森林セラピー基地である「清流とおよりての森」を案内する、森林セラピーガイド。
森林に入る前にストレス度をチェックし、森に入ることでどれだけストレスが軽減するか、など科学的な観点から説明をしながら森の中を一緒にガイドして歩きます。
森の中には、足の負担を軽減でき、車イスでも入れるようにウッドチップが敷き詰められた遊歩道が整備されており、緑の光をたっぷり浴びながら散策することができます。
木々の香りやパワーを体の中に取り込んで、心も体も癒される・・・まさに“癒しの森”です。


森林セラピーガイドの資格を持つ宮尾さんのガイドで、森の中を散策します。
清流には、ホタルのエサとなるカワニナを放ち、「ほたるの里」を整備。
ホタルの季節を迎えるこれから・・・辺りにはたくさんのホタルが飛び交うことでしょう。

宮尾さん:「森林セラピー基地には今年認定されたばかりなので、コースなどいろいろと整備中のところもありますが、森林セラピーと絡めた宿泊プランもこれから作っていこうと考えています。
松川町は夜がとても静かです。地元の方々からすると、これがずっと当たり前のことなんですが、
都市部に出かけて、夜帰ってきたときに、暗くて静かでいいなぁと思います。
あたりが暗いと星がすごくキレイに見えるので、清流苑の宿泊プランには、夜にお客様を片桐松川ダムまでご案内して、星座や星の解説をしながら星空を観察するというプランもあります。」

1 2 3 4

このブログのトップへ