楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.230>I♥信州(あいラブしんしゅう)

暗闇に輝く星を見ながら過ごす静かなひととき・・・。
信州での星空が日々の喧騒を忘れさせてくれます。
現在、清流苑近くには「ほたるの里」も整備中。これから初夏を迎える松川町に新たな風景美スポットが加わりそうです。

■松川町出身のメダリストを育てたい!


子供たちへの指導に熱が入ります。
(写真提供:宮尾竜平さん)

現在、宮尾さんは松川町の公民館で行われている柔道教室で、週3回、子供たちに柔道を指導しています。

学生時代からずっと柔道に励み、移住する前の大阪でも道場で指導していたほどの腕前を持つ、宮尾さん。
ご自身のお子さんを含め、約10名の子供たちを指導しています。

宮尾さん:「柔道の楽しさを教えるというより、どちらかと言えば、一番を目指して取り組んでほしい。全国といわず、目指すはオリンピックの金メダル!自分の手で、松川町からメダリストを輩出したい、というのが大きな夢です。」

宮尾さんの厳しくも愛のある指導の元、生徒たちは着々と力をつけています。
さらに、自然の豊富な松川町に移住してきてから宮尾さんのお子さんたちにも変化がありました。


未来のメダリスト!
(写真提供:宮尾竜平さん)

宮尾さん:「大阪で生活していたときは、口癖のように“危ない” “走るな”と子供たちに注意していたのですが、こちらに来てからはまず言わなくなりました。
自分の子供たちには、仕事で忙しいという姿をずっと見せていたので、親の顔色を伺って、話しかけていいかなと思わせてしまったところがあったかなと思います。叱りというか注意から接していたところがあったので、申し訳ないことしてたなと・・・。こちらに来てから、子供たちがみんな伸び伸びとしている姿を見たり、子供らしい発言が出ているのを感じるので、子供本来の姿が見えているなと思います。
子育ての環境としてとても良い所ですね。」

柔道を教えるのがとても楽しい!といきいきとした表情で語る宮尾さん。
松川町出身のメダリストが誕生するのは、そう遠くない未来かもしれません。

■信州へ移住を考えている方に向けてメッセージ

最後に、宮尾さんに信州への移住を考えている方に向けてのメッセージをお聞きしました。

宮尾さん:「今まで生活したことがない所に移住するということは、初めは抵抗や悩みがあると思いますが、長野県は自然も豊かで、ゆっくり考える時間も十分ありますので、来てみてから考えるのでも遅くないかなぁ、と思います。
今、都市部に住んでいる方は、買い物するところや病院などの施設の場所、行動手段など、都市と比べるところや戸惑うことがたくさんあると思いますが、住んでいくうちに時間が紛らわせてくれます。」

1 2 3 4

このブログのトップへ