楽園信州

信州の旬情報をお届け!

<VOL.243>I♥信州(あいラブしんしゅう)

I♥信州(あいラブしんしゅう)
百聞は一見にしかず、百見より一行動。笑顔繋がる社会を目指して(2)

「I♥信州」は、長野県外から信州へ移住された方に、移住のきっかけや信州での暮らしの様子をお伺いし、長野県の魅力をさらに伝えていこうというコーナーです。

「I♥信州」は、長野県外から信州へ移住された方に、移住のきっかけや信州での暮らしの様子をお伺いし、長野県の魅力をさらに伝えていこうというコーナーです。

第17回目のI♥信州は、2011年に東京都から小諸市に移住された小宅春樹(オヤケハルキ)さんにお話をお聞きしました。

前編では、小宅さんが小諸市に移住されるまでの経緯を、後編では、「こもろはす倶楽部」での活動の様子などをご紹介します。
◆前編はこちら


<人と人を繋げるこもろはす倶楽部での活動>

小諸エコビレッジでの半年間の研修を終えた小宅さん。
臨時職員として採用され、事務局の運営に携わりながら移住の担当を行い、臨時職員の任期終了後も小諸市の委託を受けた「こもろはす倶楽部」で移住者の受け入れに取り組まれています。

*小諸市のロハス活動
小諸市では、全小中学校に太陽光発電装置が設置され、各学校が地域の安全・安心な食材を取り入れた自校給食に取り組んでいます。また市全域の生ごみを分別収集し、 堆肥にして市民に還元していたりと、いたるところにロハス(環境や健康に配慮した持続可能な暮らし)が存在しています。

*こもろはす倶楽部
小諸全市的にロハスを実践する人達をネットワーク化して、交流人口を増やす小諸市の試みです。
2012年4月より、前身の「こもろはす会議」から名称を変え、小諸市の委託を受ける任意団体として継続して活動しています。

・こもろはす会議  http://www.komolohas.com/
・こもろはす倶楽部 http://ameblo.jp/haruki9110/
・こもろはす倶楽部(Facebook) https://www.facebook.com/KomorohasuJuLeBu

小宅さん:「小諸市役所でのこもろはす会議事務局では、移住の交流会などを企画したり、こもろはす倶楽部で移住希望者の方々と関わっています。
仕事柄、いろいろな移住希望者の方とお話ししますが、僕もなんで小諸に移住したかと言えば、小諸の空気が良かったからとか、小諸が気に入ったとか、そういう訳では決して無くて、やはり小諸の人たちが残れよと言ってくれて、この人たちと一緒にだったら何かやりたいなと思えたからこそ、小諸に居たいと思ったんです。」

小宅さん:「僕も今、移住に関わっていますが、こもろはす倶楽部の活動は地域の観光案内では無く、移住者の方が持っている長野での暮らしのイメージを汲み取って、その人にマッチした人と人を繋げ、地域の理解を深めてもらう、やはり移住の決め手となるのは人と人との繋がりだと思います。」

人が社会生活を営んで行く上で大切な人と人との繋がり、その人間関係を作り上げるお手伝いに奔走する小宅さん。地域の方と移住者の方とのマッチングは、地域の方々と深い信頼関係を築いている小宅さんだからこそできる方法だなと感じました。

1 2 3

このブログのトップへ