楽園信州

信州の旬情報をお届け!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 楽園信州 > ■就航地情報 > Vol181■“信州まつもと空港からの就航地”北海道情報23

Vol181■“信州まつもと空港からの就航地”北海道情報23

今回は、北海道の名水のお話です。

北海道のたからもの~北海道遺産~
のどを潤し人をも動かす名水の底力「京極のふきだし湧水」

その美しいシルエットから蝦夷富士(えぞふじ)と呼ばれる羊蹄山(ようていざん)。そこに降った雨や雪は、浸水性の高い火山灰質の山肌に吸収され伏流水となります。そうして長い歳月をかけてろ過され湧き出した水は、まろやかでクセがない軟水。そのおいしい水を求めて人口3,500人ほどの京極町に年間100万人近い観光客が訪れます。


自然が与えてくれたおいしい水を求めてたくさんの人が訪れます。


町内のふきだし公園内には三十三観音像や不動明王像がたたずみ、町民が守り続けた湧き水は、1985(昭和60)年に環境省の「名水百選」に選ばれ、全国にその名が広まりました。


地中のミネラルを加えながら長い年月を経て流れ出る恵みの湧水

水温は年間を通じて6.5℃前後。湧水量は約8万トン/日。国内最大級の湧水であり、豊かに湧き出る水は、北海道が誇る自然資源の代表的な存在です。毎年7月には「しゃっこいまつり」が開催され、多くの観光客が訪れます。
 (注:「しゃっこい」とは、北海道弁で「冷たい」という意味です。)

詳しくはこちら
北海道遺産HP(パソコン用)

☆北海道の最新情報をお届けするメールマガジン「Do・Ryoku」の登録はこちらから!(パソコン用)

☆道内各地の「旬」な話題をお届け!北海道庁ブログ「超!!旬ほっかいどう」はこちら!
パソコン用携帯用

【お問合せ先】
北海道総合政策部知事室広報広聴課
TEL 011-204-5110

☆信州まつもと空港からフジドリームエアラインズ(FDA)のジェット機で北海道へ行ってみませんか。
信州まつもと空港についてはこちら(パソコン用)

このブログのトップへ