い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > その他 > 高遠中学校林(伊澤学林)で森林体験学習

高遠中学校林(伊澤学林)で森林体験学習

高遠中学校の学校林は、伊那市高遠町出身で和歌山・愛媛・新潟の県知事、警視総監、貴族院議員、台湾総督、東京市長、枢密顧問官などを歴任した伊澤多喜男氏(1869-1949)の寄付により、昭和14年に高遠町ほか6村に設置された学校林の一つです。その後の町村合併等により、由来が不明となった学校林が多い中、現在も「伊澤学林(学校林)」の名を引継ぐ、由緒ある学校林です。
10月18日、同校1年生48人の森林学習がその伊澤学林で行われました。

写真。苗木配布
48名の1年生は、それぞれ2本のコナラのポット苗木を手に、山へ入っていきます。

写真。苗木植栽 写真。植栽アップ
1本1本、丁寧に植えたコナラは、皆さんが大人になる頃、大きな木に育っていることでしょう。

 
午後は、5人一組でヒノキの間伐作業も体験。伐倒したヒノキは、枝を払って玉切り、整理しました。明るくなった林内を見て、間伐の効果を実感していただけたでしょうか。

治山・治水に情熱を注いだという伊澤多喜男氏。その精神を引継ぎ、今回の植樹や間伐の体験を忘れずに、ふるさとの森を守っていってくださいね。

このブログのトップへ