い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 伊那西小学校の学校林整備(その3)

伊那西小学校の学校林整備(その3)

林務課のOです。

 

昨年度から取組んでいる伊那西小学校の学校林整備の続報です。

PTAや地域の代表の方などを交えて、学校林を活用した学びの方法を考えた結果、「森のアドバイザー」の黒河内寛之さん(東京大学院農学生命科学研究所助教)の提案により、学校林の一部を伐採し、伐採後の森林の再生について観察することになり、地元のボランティア「WASSAI(わっさい)」の皆さんの手で伐採作業が行われました。

現在、再生の様子の観察が始まっています。

 

春先に伐採した後、

コナラの切り株から早くも‘ひこばえ’が芽吹いてきています。

森の中にも不思議なものが・・・

落ち葉や種がどこから飛んでくるのか調べる

リタートラップだそうです。

 

 

伊那西小学校では今年度

3年生『ミヤマシジミの研究』

4年生『「コナラの研究」自分たちでしいたけの原木をつくろう』

5年生『落葉と「天気の変化」』

6年生『林間と学校の歴史(年輪解析)』

などのテーマを決めて研究を行うそうです。

 

 

また、先生方から学校林活動の拠点となっている「森の教室」の耐震性が心配との相談がありました。

そこで、学校林内の「森の教室」や野外ステージなど施設の配置を検討するために地域の皆さんが集まって

学校林内を調査して

学校林内の施設の配置について提案をいただきました。

 

今回の提案を整理して、施設の配置を決めて「森の教室」などの整備をすすめる予定です。

伊那西小学校の学習の様子は同校のホームページでも紹介されています。

http://www.ina-ngn.ed.jp/~inanishi/

このブログのトップへ