北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

ぬるめ調査隊inわっぱらんど

こんにちは!
農地整備課のはりきりボーイSHOです。

 

大町市のわっぱらんどで、「ぬるめ調査隊・ガサガサ調査隊」と称した体験学習が行われました。

 

92名の神奈川県秦野市の小学生たちが、「夏休みこども村」の一環としてここ大町へやってきてくれました。

私たち農地整備課の職員は、ぬるめ調査隊の講師として参加しました。
北アルプスの冷たい水を、浅い水深・幅広の水路でゆっくりと流し、太陽の光をたくさんあてることで水温を高くする農業用水路「ぬるめ」が、上原(わっぱら)地区の農業に欠かせないものであることを、子どもたちに体験してもらいました。

 

体験学習では「ぬるめ」の流速と水温を測りました。
まず、ペットボトルが30m流れる時間を測ります。

水の流れがとてもゆっくりであることがわかりました。

 

続いて、上流と下流で水温を測ります。

上流では14℃くらいだった水温が下流では16℃くらいにまで上昇!
水が「ぬるめ」をゆっくり流れる間に、温められていることがわかりました。

 

上原地区でとれたお米で作ったおにぎりを食べながら、ぬるめ調査隊のまとめです。

 

「1℃1俵(水温が1℃上がるとお米の収量が1俵増える)」の話をすると、子どもたちは驚いた様子でした。

 

1 2

このブログのトップへ