北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > 大町・北安曇の自然・景観・名所 > 白馬岳から白馬大池を経て、栂池へ(2019年7月)

白馬岳から白馬大池を経て、栂池へ(2019年7月)

環境課のKです。

前回に続き、白馬岳からお花畑の稜線歩きと眺望、そしてライチョウと出会えるコースの紹介です。白馬岳周辺のお花畑は「白馬連山高山植物帯」という国の特別天然記念物に指定され、保護されています。
稜線は様々な高山植物が咲いています。小蓮華岳の先、船越の頭から白馬乗鞍の間はハイマツ帯があり、ライチョウに出会えるチャンスが多いところです。

 


白馬山荘から杓子岳、白馬鑓ヶ岳です。


小屋から15分ほどで白馬岳頂上に着きました。左手に鹿島槍ヶ岳、右手に剣岳が見えました。


昨日登った白馬大雪渓が見えています。信州側は雲海でした。


白馬岳頂上の展望を楽しんだ後、いよいよ小蓮華岳へ向かいます。


ミヤマダイコンソウに出会いました。ダイコンソウという名ですが、バラの仲間です。


ミヤマアズマギクです。


イワベンケイです。乾いた砂礫地帯でよく見ます。


途中、富山平野と日本海が見えました。


シナノキンバイのお花畑です。


小蓮華岳の登りで振り返ると白馬岳、白馬鑓ヶ岳、鹿島槍ヶ岳が見えました。


チシマギキョウ。大きな群落は作りませんが、いいアクセントです。

1 2

このブログのトップへ