「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のいい景色 > 八ヶ岳・横岳等のお花畑と星景を見てきました!!

八ヶ岳・横岳等のお花畑と星景を見てきました!!

佐久保健福祉事務所のヤマキチです。八ヶ岳を横断するメルヘン街道の白駒池入口から入山し、白駒池、高見石、天狗岳、硫黄岳そして横岳まで縦走しました。そして山小屋で1泊し、翌日は夏沢峠から本沢温泉、みどり池を経てみどり池入口に下山しました。その道中で見られた高山植物や星景(夜景)を紹介します。

とは言っても、今年は曇りがちな天気ですので、ガスガスの中行ってきました。まずは白駒池、午前の早い時間帯ですが既にガスの中、高見石も同じです。ただ、この間で、信州DCで使われている吉永小百合さんがコケを観察しているポスターの撮影現場を発見!!、なぜかうれしく感じました。

高見石からは、いかにも北八ヶ岳らしい苔むした樹林帯をひたすら進みます。そして東天狗岳頂上でお昼休憩を取ります。ガスが時々抜け、硫黄岳の荒々しい爆裂火口が見えましたので、足元のミヤマダイコンソウを入れ写真を撮ります。

0713 12.20ダイコンソウ
 

イワベンケイも咲いていました。

0713 12.30イワベンケイ
 

ここで西天狗岳まで往復したいのですが、雨や雷の心配がありますので、縦走を続けます。そして夏沢峠から硫黄岳を経て本日の宿、硫黄岳山荘へ到着します。荷物を置き、一休後は、お楽しみの横岳まで散歩です。なぜなら横岳周辺は高山植物の宝庫、急斜面や岩場などにもお花畑が広がっており、本当にきれいだからです。

まずは、硫黄岳山荘周辺に広がるコマクサです。白いコマクサも発見しました。

0713 14.13コマクサ
0713 16.00白いコマクサ
 

続いて、希少種のウルップソウです。花期は終わりに近いですが、まだ咲いているものがありました。

0713 15.40ウルップソウ
 

続いて、咲き乱れる高山植物、お花畑をご覧ください。なお、この日は強風でしたので、息を止め、風が止む瞬間を狙って写真を撮るため、時間がかかるうえ大変疲れました。

(チョウノスケソウ)

0713 16.34チョウノスケソウのお花畑
 

(ハクサンイチゲ)

0713 16.26ハクサンイチゲのお花畑
 

(岩場のお花畑)

0713 16.16お花畑
 

(ハクサンイチゲとミヤマダイコンソウ)

0713 16.25ハクサンイチゲ、ミヤマダイコンソウ
 

お花畑を楽しんだ後、山小屋に戻り夕食を食べ、日没を見ようと思ったのですが、ガスに包まれ、何も見えませんでしたので、午後8時の消灯と同時に寝てしまいました。

しかし、日付が変わるころ、窓から月の光が差し込んでいるのがわかり、そっと小屋の外へ出でみました。下弦前の大きな月がこうこうと輝いていますが、さすが八ヶ岳の稜線、天の川が見えています。風があり、少し寒かったのですが、夜空を楽しみながら写真を撮りました。(ちょっとのつもりが2時間近くも見ていました。)

(コマクサと阿弥陀岳そして天の川)

0714 00.18コマクサと天の川
 

(コマクサ、夜空と雲海)

0714 0040コマクサと夜景
 

(硫黄岳山荘と遠く佐久平)

0714 0109硫黄岳山荘夜景
 

小屋に戻り、布団の中でウトウトし、ご来光を迎えます。周辺のコマクサも朝日に輝き、いい雰囲気でした。なんだか写真を撮るのに忙しい感じですが、晴れていたのはこの時まででした。

0714 0446 ご来光
 

(コマクサと阿弥陀岳)

0714 0510 コマクサと阿弥陀岳
 

山小屋を出発し、ガスに包まれながら硫黄岳を越え、夏沢峠から本沢温泉、みどり池を通り、下山しました。最後に、みどり池の湖畔にあるしらびそ小屋では、野生のリスやウソを真近かに見ることができます。とても可愛らしいリスのしぐさを見ることができ、ここだけでも行く価値はあると思います。

0714 1014リス
0714 1020ウソ
早く夏らしい天気になり、皆が夏山を楽しめるようになって欲しい思います。(撮影:平成29年7月13日、14日)

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ