来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > イベント > 松本市芥子坊主山で林業体験に多くの市民が参加しました

松本市芥子坊主山で林業体験に多くの市民が参加しました

6月20日(土) 松本市岡田の「芥子坊主山」(けしぼうずやま)で、約90人が参加した林業体験イベントが行われました。

主催の芥子坊主山・市民の森整備推進協議会は、芥子坊主山の森林を長年にわたり、整備を積極的に行っています。

里山は人の手が入らないと荒廃が進みますが、ここの森林は、多様な樹種と植生で、森林散策にもってこいの環境に生まれ変わりました。

この日は、「ナメコ駒打ち体験」(ナラなどの原木にきのこの菌を打ち込む)、「下刈り作業」、「自然観察会」が行われ、普段体験できない作業や話を経験することができて、参加者も満足した様子です。

お昼には、ここで採れたばかりの破竹(淡竹、はちく)がたっぷり入ったタケノコ汁も提供されました。

IMG_0724

おそろいのつなぎも用意して、スタッフはやる気十分です。

IMG_0729

小さい子供から大人まで、多くの参加者が参加しました。

IMG_0732

菌を打ち込んだ原木(ホダ木)は持ち帰ることができます。

IMG_0731

1周40分の自然観察会で里山の学習を行いました。

 

このブログのトップへ