来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > 宿泊×商品開発×観光 温泉宿「山荘わたり」

宿泊×商品開発×観光 温泉宿「山荘わたり」

 周囲を2000メートル級の連峰に囲まれた渓谷に、14の集落が点在する奈川地区。街道沿いの交通の要所として発展し、近世は工女たちが野麦峠を超えてやってくるなど、様々な歴史が行き交いました。そんな奈川地区にIターンし、2009年から温泉宿「山荘わたり」を営みながら、奈川のすばらしさを全国に広めるべく様々な活動をなさっている亘亘(わたり わたる)さんにお話を伺いました。(ちなみに、ご本名です。)

1
(亘さんと、亘さんのこだわりが詰まった「干しそば 奈川」)

 

-亘さんは東京のご出身と伺っていますが、移住先を奈川に決めたのはなぜですか

 小さいころから父と一緒に長野県に山に釣りにと来ていたので、長野県に馴染みもありました。移住を考え始めた当時は、まだU・Iターンの取組も始まったばかりで、移住先を紹介してくれるところも少なく、結局自分で探しました。家族もいたので、年間通して正社員などで仕事がありかつ自然豊かな田舎を探したところ、行きついたのが奈川でした。街道筋で、野麦街道も、木曽へ行く県道もあるほか、あまり閉鎖的でない雰囲気でしたし、上高地や乗鞍、松本といった自分に馴染みのある地域も近いのでここにしました。

 

-この建物もとても素敵ですね

 移住後、他の公共の宿泊施設の施設長をしていましたが、10年前に松本市の宿泊施設だったこの建物が閉鎖することになり、ちょうど私が奈川の特産品の商品化のために法人を立ち上げたところでしたので、2009年に施設を借りて独立し、宿泊業と、奈川産商品の販売を始めました。

2
(温泉宿「山荘わたり」)

 

-商品開発を始めたきっかけは何でしょう

 観光協会という立場で各地へ宣伝に行くなかで、特産品を説明するには言葉で説明するだけでなく、「見せられ」「食べてもらえて」「手に取ってもらえる」ものの方がパンフレットよりも印象に残って良いな、と思ったことです。当時の観光協会長も、そばを特産品にと考えていたこともあります。
 松本商工会議所さんのお力も借りて、試行錯誤の結果、出来上がったのがこの「干しそば 奈川」です。

 

-そばは乾麺なのですね

 日持ちするので、より遠くの方々に日にちを選ばずにお届けできます。生麺だと食べる日など、お客様の御都合に合わせて発送しなければなりませんが、乾麺ならその必要はありません。私はパッケージデザインや販売方法の戦略といったプロデュースを担当しました。

 

-黒の包装は高級感があります

当時は食品の包装に「黒」は少なくあまり見かけませんでした。今では高級品は黒い包装も多く、店舗も黒を効かせて高級なイメージを作るようになりましたが、その頃は食品に黒はあまり好んで使われていなかったと記憶しています。私は高級感を出すなら「黒のつや消し」と思っていましたので、「奈川」の文字は白にして、この包装が完成しました。

 

-奈川そばのブランド化に取り組んだということですね

 数を売ることは考えていません。売れるにこしたことはありませんが・・
特産品の素材は高価なものも多いうえ、それを使った商品となると、大量には生産できずさらにコストもかかります。販売方法も、地元の物産所で直販するならまだしも、卸販売では中間業者の利益も加わりさらに高額になってしまいますので。
でも、「商品の価値は絶対に下げたくない」という強い思いで、値段での妥協はしませんでした。多分グラム当たりでは当時日本一高い乾麺だったのでは、と思っています。

 

-クオリティに対する自信を感じます

 「奈川在来」という奈川地区固有の品種を使っています。かつて大きな台風で壊滅的な被害を受けたものの、わずか一握りの種から復活したというストーリー性もある希少な品種で、そのおいしさは高く評価されています。
 ただ、今はそばが長野県全体で注目されて、どの地域も力を入れるようになったので、クオリティを維持しないと、他の地域の間に埋もれてしまったり、せっかく商品化してもがっかりされてしまうかもしれません。一生懸命宣伝して、口コミで広まって、いざ実際に食べたら「他と変わらない」なんてことでは水の泡です。
 そのため、最近は、地域を挙げて生産者が品質の維持にも取り組んでいるところです。

 

-奈川在来のそばは信州・松本そば祭りでも人気ですね

 昨年まで私も主体的にかかわってきました。
 奈川に来てもらいたいという思いから始め、奈川を知っていただいた多くの方の、1パーセントでも奈川の地に足を運んでいただければという考えでやってきましたので、「奈川ってどこ」と興味を持ってもらえればうれしいです。
 さらに、「信州・松本そば祭り」の翌週には「奈川の新そば祭り」で在来種の新蕎麦試食会、翌月には、「在来蕎麦週間」として期間中協賛店では奈川在来のそばを提供するイベントを行っています。松本で知って初めて来たという方も多くよかったと思います。

 

-全国の方に奈川を知ってもらいたい、という熱い思いで、様々な活動をなさって来たのですね

 「奈川」の名前をもっと広めたいですね。メディアはNHKやラジオ、新聞、雑誌…と、どれでも大切にしてきましたし、インタビューではいつも奈川の話をしてきました。
 メディアで奈川の名前が出て多くの方に知っていただければ、訪れる方々も増えますから。
ただメディアで知って実際に奈川に来てくれた人に本当に質の高いものを提供できるようにしなければと思っています。

3
(そばとおそろいのラベルが光る「そば焼酎」)

 

-ただ外へ発信するだけでなく、実際に来た方たちに奈川の魅力を実感してもらえるようにしないといけない、ということですね

 そうですね。観光協会長として県外に向けて様々な発信をしてきましたが、今年の春、その役職を降りました。今後は「訪れた方たち」に何を提供できるかです。興味や評判を聞いていらした方の「何があるの」、「何ができるの」、「何がいいの」、に応えられるものを提供していかなければと思っています。
 そこで、今年から「信州・松本奈川グリーンツーリズム推進協議会」を立ち上げて、農水省の推進する農泊推進事業を行っていこうと思っています。
 これからは農業体験をはじめとする各種体験プログラムや、民泊などの地域交流みたいなことの素地づくり、それを運用・実用できるような仕組みづくりを行っていくつもりです。地域の住民みんなで協力しなければ出来ない事がやれればと思っています

 

-民泊は今とても注目が集まっていますよね

 民泊は私の商売とは相対するものですが、やり方次第で地域を元気にできると思います。民泊を受け入れることで、家族の中での新たな会話が生まれたり、いろんな考え(食事やおもてなしをどうしようとか)が出たりして、日々の生活にはりあいが生まれ活性化するかもしれない。それで収入も増えれば、地域としても元気になるでしょう。
 また、遊休荒廃地の有効利用にもなるかもしれません。

 

-海外からの観光客もターゲットになりますね

 松本にも乗鞍にも上高地にも、海外の方が本当に多くいらしてますね。でも奈川には全然来ていただけません。二次交通の問題もありますが山岳エリアにある山郷「奈川」の、日本の原風景的なものも海外の人たちに知ってもらいたいですね。有名な上高地、乗鞍、木曽の中山道宿場町の「狭間」にある、「田舎の山の暮らし」もぜひ知ってもらいたいと思っています。
 また、上高地は中部山岳国立公園として指定されていますが、海外の方にとっては「国立公園」とか「ナショナルパーク」は感覚的にちょっと特別な場所です。それをもっと前面に出せば良いと思っていたので、グリーンツーリズムの中で何か企画してプログラムを作っていこうと考えています。

 

-観光事業を行う上で大切なことは何でしょうか

 人の協力が不可欠ですね。また、目的や行う事業の理念などの共有は大切です。「地域のため」という思いから始めた事業でも、地域の方の理解や合意を得ることは難しく、悔しい思いもたくさんしました。それでも理解者もいますし、そういった仲間を増やすことがとても大事だと思います。
 そのためにも、根気よく何度も繰り返し説明するなど、理解を得る努力が必要かなと思います。「わかった」と口では言われても、事業やイベントをやり始めてもまだ目的や理念が理解されないこともあり、理解されないままでは「やらされている感」も生まれてしまいますから、絶えず話をし、思いをぶつけあうことが必要だなと思います。
 単純に情報を「共有」するだけではなくて、同じことを「共感」できれば前進していけると思います。
 とはいえ、やはりまずは、「こうしたい」「ああしたい」「こうなりたい」という「思い」こそが「共感」と「仲間づくり」につながると思います。
 先ほどのグリーンツーリズムも同様に取り組まなければと思っています。

 

-奈川のグリーンツーリズム、どのような企画になるのか目が離せませんね。本日はありがとうございました。

(温泉宿「山荘わたり」)

住所 :〒390-1611

長野県松本市奈川1044-16

TEL :0263-79-2507

FAX :0263-79-2915

E-mail:info@sanso-watari.com

HP   :http://sanso-watari.com/

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ