諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > 【手】体験・体感 > チョウゲンボウの脱出劇――バードフェスティバル諏訪6/7(金)~6/9(日)開催!――

チョウゲンボウの脱出劇――バードフェスティバル諏訪6/7(金)~6/9(日)開催!――

仲間たちが胸まである長靴を履いて真冬の湖に入り
オオワシを岸に寄せたあと、
日本野鳥の会諏訪支部長で
長野県鳥獣保護管理員の林正敏さんが
自分のブレザーでオオワシをくるんで抱き上げ
救出しました。

衰弱したオオワシは、
暴れる力も無かったそうです。

そのオオワシは救出された直後の車中で
苦しまぎれに「グルッ」と鳴いたことから、
「グル」と名付けられました。


(オオワシのグルを介護する林さん。林正敏さん提供)

オオワシは普段は
鋭く甲高い声で「ガッ、ガッ、ガッ」と鳴きますから
この声は「何だか知らないけれど、この人たち助けてくれるんだ」と
理解したのかもしれません。

わたしも以前、
3羽のカラスに襲われて
目をつつかれていたハトを救出したとき、
ハトが車の中でヒヨコのような声で
「ピーピー」と鳴いたことがあったからです。
(そのハトは段ボール箱の中で一晩を過ごしたあと、
翌日には飛んでゆきました)

一方オオワシのグルは
エサの魚を食べる元気も無かったため、
林さんが口から魚を入れ、
喉をマッサージして飲み込ませました。

1 2 3 4 5 6 7 8

このブログのトップへ