「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > わたしたちの仕事 > 長野県災害対策本部佐久地方部防災訓練を実施しました

長野県災害対策本部佐久地方部防災訓練を実施しました

 佐久地方事務所地域政策課のチーさんです。

 10月29日(火)、佐久合同庁舎において「長野県災害対策本部佐久地方部防災訓練」を実施しました。

 この訓練は、佐久管内に大規模災害が発生した場合を想定し、様々な災害応急対策を机上(図上)で行う訓練です。職員約80名が参加しました。

 県の防災関係の現地機関は、地方事務所や保健福祉事務所、建設事務所、教育事務所など様々な組織があります。佐久管内に大規模な災害が発生した場合、「長野県災害対策本部佐久地方部」という組織が立ち上がり、佐久地方部長(佐久地方事務所長)の指揮の下、各機関(各班)は連携して災害対応に当たります。
 
 迅速かつ適切に災害対応を進めるには、各機関が得た情報を関係する機関へ速やかに伝達し、情報を共有する中で応急対策を実施することが大変重要となります。また、様々な被害情報の中から何を最優先にして対策を実施するか、的確に判断することも求められます。

 今回の訓練は、長野県中部を震源とする地震により佐久管内に甚大な被害が発生したとの想定により、様々な場面や条件を想定し、各機関の連携を再確認しました。

 以下、訓練の様子です。

(1)地方部会議設置・運営訓練
  地震による被害の情報を各班が共有し、今後の災害対応方針を決定します。
  また、各班が実施した災害応急対策を報告します。

(2)状況付与型図上訓練
  具体的な災害情報が各班に付与され、各班は災害応急対策を検討します。

(地方部長が対応を指示)

(管内の被害状況を確認し、情報の共有を図る)

(テレビ会議システムにより県庁へ管内の被害状況を報告)

 災害はいつ起こるかわかりません。
 これからもこのような訓練を通じ、いざという時に迅速に対応できるようにしていきたいと思います。

このブログのトップへ