「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のいい景色 > 千曲川源流、甲武信ヶ岳、十文字峠を周回しました!!

千曲川源流、甲武信ヶ岳、十文字峠を周回しました!!

佐久保健福祉事務所のヤマキチです。川上村の十文字峠のシャクナゲが見頃の頃合いなので、毛木平から千曲川源流を経由し甲武信ヶ岳に登り、県境を十文字峠まで縦走してシャクナゲを楽しみました。更に、毛木平まで下り、咲き始めたベニバナイチヤクソウも楽しみました。まずは、十文字峠の乙女の森の満開のシャクナゲです。

14.02乙女の森(奥)のシャクナゲ

 

毛木平をスタートし、登山の開始です。林道を渓流のような千曲川沿いに進みます。

7.55毛木平の千曲川

林道から登山道に入り、苔生した岩の間を流れ、更に渓流らしくなった千曲川沿いを進みます。この渓流が長大な千曲川になるとは想像がつきません。

8.28登山道沿いの千曲川

8.49登山道沿いの千曲川

途中、ナメ滝で休憩します。滝というより、一枚岩をスーっと水がナメるように流れ落ちています。

8.58ナメ滝

8.55ナメ滝下

休憩後、更に細くなった川沿いを登ります。左右の沢から水を集めているのが分ります。

9.40源流近くの千曲川

9.52源流手前

そして、千曲川源流に到着します。源流を示す標が立ち、そこから下ったところにある湧水が源流のようです。コップが置いてあり、登山者が入れ替わり水筒に入れたり飲んだりしています。

10.04源流標

9.58千曲川源流

続いて、百名山の甲武信ヶ岳へ向かうため、ツガの繁る斜面を急登します。稜線まで登り切り左折すると南側が一気に開け、富士山が目に飛び込んできます。その富士山を見ながら山頂へ到着します。残念ながら、この日は青空は広がってくれませんでした。

10.28富士山

11.05甲武信岳山頂標

ちょっと早い昼食後、長野・埼玉県境を十文字峠に向け北上します。まず、三宝山を通過しますが、この山は甲武信ヶ岳より少し高く、埼玉県最高峰の山です。展望はあまりありませんが、富士山と甲武信ヶ岳が背比べしているのが藪越しに見えます。

11.34三宝岳から甲武信岳、富士山

そこからは単調な縦走が続きます。下ったところにある尻岩という大きな岩を通過し、武信白岩山を越えると、シャクナゲが現れはじめ、中には満開の花をつけているものもあります。久しぶりの赤からピンクの鮮やかな色を見て、感動、疲れが癒されます。

12.43登山道脇のシャクナゲ

大山付近は、日当りが良いせいか、かなり花を見ることができます。

1 2

このブログのトップへ