「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

天狗山、男山にひろがる紅葉です!!

佐久保健福祉事務所のヤマキチです。10月18日、秋晴れの中、南相木村の立原高原から天狗山に登り、男山まで縦走しました。その時見られたすばらしい風景、紅葉を紹介します。

立原高原の最奥から登山道に入り、落ち葉に覆われた岩や石の多い登山道を気をつけて登ります。稜線に出てから天狗山までは岩場があらわれきますので、慎重に通過します。稜線あたりの見ごろの紅葉を楽しみながら、足取り軽く山頂へ到着します。まず、天狗山と途中で通過した白樺林の紅葉をご覧ください。

11.29天狗山アップ 9.49シラカバ林の紅葉

次に、天狗山山頂と、そこから見た八ヶ岳を背景にした男山です。男山までの縦走路はよく例えられるように錦のじゅうたんを広げたように紅葉が広がっています。

10.27天狗山山頂 10.40男山方面

振り返ってみると、南相木ダムや南相木村をはさみ対峙する御座山(おぐらやま)が望まれ、こちらも紅葉が見ごろとなっているのがわかります。

10.28ダム方面 10.12南相木村と御座山

小休止のあと、天狗山山頂の見飽きないすばらしい風景に後ろ髪を引かれるように、男山に向かいます。ちょっと下ると岩の塊のような険しい天狗山と川上村街が眼下に見えます。

10.54岩峰の天狗山 10.26川上村中心部

更に縦走路を進みます。所々で視界が開け、双耳峰の男山や奇怪な形の天狗山を見ることができます。

11.22縦走路から男山 11.33川上村を見おろす天狗山

そして男山山頂に到着します。ここからは八ヶ岳のすそ野までさえぎるものがないすばらしい眺望が広がります。ちょうど頂上で昼食休憩している団体さんからキノコ汁の差し入れをいただき、とても暖かい気持ちになりました。このような出会いも山ならではのものです。

11.57男山から八ヶ岳 11.57男山山頂

最後は戒めです。この日、天狗山で転倒事故が発生しました。けが人はとても歩ける状況でなく、ヘリコプターで搬送されました。発生した場所は岩場と岩場の間で、一見何の変哲のない所でした。あらためて、登山はどんな場所での気を緩めず、一歩一歩確実に進まなければならないことを強く感じました。

このブログのトップへ