「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > その他 > 「森林フォーラムin佐久」を開催しました

「森林フォーラムin佐久」を開催しました

林務課のKGです。

2月11日(月・祝)に「佐久平交流センター」で、佐久地域の森林づくりを考える「森林フォーラムin佐久」を開催しました。

このイベントは、森林の現状や課題、取組み事例などを林業・木材関係者、森林所有者、地域住民で考える場として毎年開催しています。

当日は天候にも恵まれ、180名を超える方に来場いただき、佐久地区林業関係ポスターコンクールの表彰式を行い、受賞された小・中・高校生の皆様に表彰状の授与を行いました。

その後、講演と事例発表を行いました。

講演の1つ目は、元長野県林業総合センター所長の武井富喜雄様から「佐久カラマツ造林の歴史」について講演をいただき、
佐久地域の主要樹種であるカラマツがどのような経緯で造林(植林)され、
今後も伐採した跡地には佐久地域に適しているカラマツを植林し、次代に残していくことが重要であることなどを学びました。

2つ目は、一般財団法人林業経済研究所のフェロー研究員の志賀和人様から「カラマツの主伐・再造林の先行事例と課題」の講演をいただき、伐採後に造林されない県外の事例紹介をいただき、伐採したら植えることの重要性を学びました。

最後に、北相木村役場の坂本皓太様から木材利用の事例発表をいただき、
地域のカラマツを利用した木製品の作製・販売を手掛けるため、地域の仲間とNPO法人を立ち上げた事例や、地域の女性とコラボし「キノハナ」というカンナ屑で作る花を主力商品とした活動を学びました。

ご来場いただきました皆様ありがとうございました。今後とも佐久地域のカラマツを中心とした森林・林業、木材産業の推進にご協力をお願いします。

 

佐久地域振興局林務課
0267-63-3152

このブログのトップへ