「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

森林フォーラムin佐久の開催!

かもしか@林務課さんが異動してしまいましたので、T2@林務課がおおくりします。

森林フォーラムin佐久が下記日程で開催されます。

日時:平成26年7月18日(金)
場所:長野県佐久市 長野県佐久勤労者福祉センター ホール(佐久平駅から徒歩5分)

概要:バイオマス熱利用の推進とローカルファイナンス
   ~エネルギー自治に向けたキーファクター~
講師:(講演順)
   京都大学大学院 諸富徹 氏
   ソーシャルファイナンス支援センター 澤山弘 氏
   京都大学 中山琢夫 氏
   佐久林業連絡会議事務局長 西岡泰久 氏
   ペレットクラブ(大北林業創生協議会) 小島健一郎 氏

温浴施設等へチップボイラの導入提案に行くと、必ず聞かれるのは「燃料チップの入荷は大丈夫ですか?」でした。
大丈夫ですか?の内容は、燃料チップは本当に燃えるのかというのと、誰が運んでくれるのかという2点が主なものです。

本当に燃えるか?は、春~夏に伐採したカラマツでは山土場で3ヶ月養生すれば水分30%以下の燃料チップが供給できることが昨年度からの乾燥試験でわかりました。

誰が運んでくれるのか?は、懸案事項でしたが、燃料供給会社の設立の方向で進めています。

さらに一歩進めて、エネルギーを地域としてどう確保し、どう供給していくかを地域として進めていくために当フォーラムを開催することとなりました。

正直、林業に携わってきた者としては、今回の内容を初めて聞いたとき??????????
の状態でしたが、燃料、次の段階であるエネルギーの供給をしていくためには、今回のフォーラムの内容を踏まえていかないと進めていかれないことですので、私もしっかり勉強しなくては…と意気込んでおります。

特に自治体、金融関係の方にいらして欲しいです。

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

なお、下記リンクにご案内と申込書がございますので、ダウンロードしていただき、ファクシミリ等で申込書をお送りいただきたくお願いします。

森林フォーラムチラシ

このブログのトップへ